VMware NSX Container Plug-in 2.1.4   |   2018 年 5 月 17 日   

本リリース ノートの追加情報およびアップデート情報を定期的に確認してください。

リリース ノートの概要

本リリース ノートには、次のトピックが含まれています。

新機能

新機能
NSX Container Plug-in 2.1.4 は、NSX-T 2.1 の NSX Container Plug-in (NCP) の機能に特化したメンテナンス リリースです。本リリースでは、前回のリリースで見つかった問題の多くが修正され、以下の新機能が追加されました。
  • Kubernetes の LoadBalancer タイプのサービス向けに、指定した IP アドレス プールからのロードバランサ IP アドレスの割り当てをサポートしました。
  • PAS (Pivotal Application Service) アプリケーション向けに、指定した IP アドレス プールからの SNAT IP アドレスの割り当てをサポートしました。
  • Kubernetes の入力方向の HTTP URL 要求の書き換えをサポートしました。

解決した問題

  • 問題 2101945:NCP で use_native_loadbalancer = False の設定が無視される

    ncp_rc.yml の suse_native_loadbalancer を False に設定しても、NCP が NSX-T でロード バランサの作成を実行します。

既知の問題

  • 問題 2022750:BOSH 仮想マシンのコールド移行に関する問題

    PKS、PAS、Openshift、などの Kubernetes ソリューションで、コンテナ ホスト仮想マシンに新規プロビジョニングされたポッドまたはコンテナは、次の条件下ではネットワークに接続されません。

    • コンテナ ホスト仮想マシンがパワーオフ状態で、コールド移行が適用される場合
    • コンテナ ホスト仮想マシンがパワーオン中で、起動が完了する前に DRS (Distributed Resource Scheduler) が適用される場合
    • コンテナ ホストの vNIC を接続解除してから、再接続した場合

    回避策:コンテナ ホストを削除します。PKS および PAS を使用している場合は、BOSH によってコンテナ ホストが再作成されます。

  • 問題 2094336:作成した新しい仮想マシンが NSX-T インベントリに表示されない

    Pivotal BOSH で vSphere に新しい仮想マシンをデプロイすると、仮想マシンが NSX-T のインベントリに表示されないことがあります。

    回避策:https://kb.vmware.com/s/article/54138 を参照してください。

  • 問題 2091962:NSX-T で、Pivotal Bosh による仮想マシンのプロビジョニングに失敗することがある

    Pivotal BOSH を使用して vSphere に新しい仮想マシンをデプロイする際に、プロビジョニングが失敗することがあります。

    回避策:https://kb.vmware.com/s/article/54139 を参照してください。

  • PAS 2.1.0 CNI の変更点

    PAS 2.1.0 で CNI プラグインが変更されたため、NSX-T 2.1.0、2.1.0.1、2.1.2、2.1.3 のいずれも PAS 2.1.0 と連携しなくなりました。この問題は、PAS 2.1.1 で修正されました。

  • PAS 2.1 ファイル モードの変更点

    PAS 2.1.0 および 2.1.1 でテンプレート ファイル モードが変更されたため、NSX-T 2.1 および 2.1.0.1 では PAS のデプロイに失敗します。この問題は NCP 2.1.2 以降で修正されました。

  • 問題 1998217:vSphere ESXi に HyperBus インターフェイス vmk50 が見つからず、コンテナ作成エラーが発生する

    vSphere ESXi に HyperBus インターフェイス vmk50 が見つからないため、コンテナが作成されません。

    回避策:次の手順を実行してください。

    1. vSphere ESXi の CLI を使用して vmk50 ポート ID を取得します。
      net-dvs | grep vmk50 -C 10
    2. vSphere ESXi で vmk50 インターフェイスを作成します。
      esxcli network ip interface add -P <port-id from step-1> -s DvsPortset-0 -i vmk50 -N hyperbus
    3. vmk50 インターフェイスに IP アドレスを割り当てます。
      esxcfg-vmknic -i 169.254.1.1 -n 255.255.0.0 -s DvsPortset-0 -v <port-id from step-1> -N hyperbus

  • 問題 2083074: NSX Manager で、コンテナの論理ポート用に自動検出されたアドレスのバインドの誤った情報が表示される

    コンテナの論理ポートとコンテナのホスト仮想マシンの論理ポートで、IP アドレス検出スイッチ プロファイルを経由した ARP スヌーピングが有効な場合、コンテナの論理ポート用に自動検出されたアドレスのバインドが、NSX Manager の GUI にが誤った情報として表示されることがあります。これは GUI 上の表面的なエラーであるため、無視して構いません。正確なアドレスのバインド情報は [手動バインド] で表示されます。

    回避策:なし。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon