プロファイルがスイッチのすべてのポートに適用されるように、論理スイッチにカスタムのスイッチング プロファイルを関連付けることができます。

カスタムのスイッチング プロファイルを論理スイッチに適用すると、既存のデフォルト スイッチング プロファイルが上書きされます。このカスタムのスイッチング プロファイルは、子論理スイッチ ポートに継承されます。

注: カスタムのスイッチング プロファイルを論理スイッチと関連付けたが、子論理スイッチ ポートのうち 1 つに対してデフォルト スイッチング プロファイルを維持する場合は、デフォルト スイッチング プロファイルのコピーを作成し、それを特定の論理スイッチ ポートと関連付ける必要があります。

前提条件

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) にログインします。
  2. ナビゲーション パネルで [スイッチング (Switching)] をクリックします。
  3. [スイッチ (Switches)] タブをクリックします。
  4. カスタムのスイッチング プロファイルを適用する論理スイッチをクリックします。
  5. [管理 (Manage)] タブをクリックします。
  6. ドロップダウン メニューからカスタムのスイッチング プロファイルのタイプを選択します。
    • [QoS]
    • [ポート ミラーリング (Port Mirroring)]
    • [IP アドレス検出 (IP Discovering)]
    • [SpoofGuard]
    • [スイッチ セキュリティ (Switch Security)]
    • [MAC 管理 (MAC Management)]
  7. [変更 (Change)] をクリックします。
  8. ドロップダウン メニューから以前に作成されたカスタムのスイッチング プロファイルを選択します。
  9. [保存 (Save)] をクリックします。
    これで論理スイッチとカスタムのスイッチング プロファイルが関連付けられました。
  10. 設定を変更した新しいカスタム スイッチング プロファイルが [管理 (Manage)] タブに表示されることを確認します。
  11. (オプション) [関連 (Related)] タブをクリックし、ドロップダウン メニューから [ポート (Ports)] を選択して、子論理ポートにカスタム スイッチング プロファイルが適用されていることを確認します。

次のタスク

論理スイッチから継承したスイッチング プロファイルを使用しない場合は、子論理ポートにカスタム スイッチング プロファイル適用できます。論理ポートとカスタム プロファイルの関連付けを参照してください。