アドレス バインドによって、一連の IP アドレス、MAC アドレス、および VLAN をスイッチにバインドすることができます。

SpoofGuard では、アドレス バインドは許可された MAC/VLAN/IP のホワイトリストを提供します。対応する SpoofGuard を有効にすると、指定されたアドレス バインドがデータ パスで強制されます。

手順

  1. NSX Manager で、[スイッチング (Switching)] > [スイッチ (Switches)] の順に移動します。
  2. アドレス バインドを適用する論理スイッチをクリックします。
    右側のウィンドウにスイッチのサマリが表示されます。
  3. [サマリ] タブで、[アドレス バインド (Address Bindings)] を拡張します。
  4. [追加 (Add)] をクリックします。
    [アドレス バインドを追加] ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. スイッチ アドレス バインドにスイッチの MAC アドレスと IP アドレス範囲(および適用可能な場合は VLAN)を入力します。
    IP アドレス範囲/サブネットを指定すると、データ パスはスイッチ上のすべてのポートにバインドを適用します。
  6. [保存 (Save)] をクリックします。

次のタスク

ここで、SpoofGuard のスイッチング プロファイルの設定を実行し、SpoofGuard ホワイトリストにアドレス バインドを追加します。