NSX-T には、ハードウェア リソースとソフトウェア バージョンに固有の要件があります。

ハイパーバイザーの要件

ハイパーバイザー

バージョン

CPU コア

メモリ

vSphere

サポート対象の vSphere バージョン

4

16 GB

RHEL KVM

7.4 および 7.3

4

16 GB

Ubuntu KVM

16.04.2 LTS

4

16 GB

ESXi の場合、NSX-T はホスト プロファイルおよび Auto Deploy 機能をサポートしません。

警告:

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) で yum update コマンドを実行すると、カーネルのバージョンがアップデートされ、NSX-T との互換性が失われることがあります。yum update を実行する場合には、カーネルの自動更新を無効にしてください。また、yum install を実行した後、NSX-T が該当のカーネルのバージョンをサポートしていることを確認します。

NSX Manager のリソース要件

シン仮想ディスクのサイズは 3.1 GB、シック仮想ディスクのサイズは 140 GB です。

アプライアンス

メモリ

vCPU

ストレージ

ハードウェア バージョン

NSX Manager の小規模な仮想マシン

8 GB

2

140 GB

10 以降

NSX Manager の中規模の仮想マシン

16 GB

4

140 GB

10 以降

NSX Manager の大規模な仮想マシン

32 GB

8

140 GB

10 以降

NSX Policy Manager には NSX Manager のリソース要件が適用されます。

NSX Controller のリソース要件

アプライアンス

メモリ

vCPU

ディスク容量

NSX Controller

16 GB

4

120 GB

NSX Edge 仮想マシンのリソース要件

展開規模

メモリ

vCPU

ディスク容量

仮想マシンのハードウェア バージョン

小規模

4 GB

2

120 GB

10 以降(vSphere 5.5 以降)

中規模

8 GB

4

120 GB

10 以降(vSphere 5.5 以降)

大規模

16 GB

8

120 GB

10 以降(vSphere 5.5 以降)

注:

NSX Manager および NSX Edge の場合、小規模のアプライアンスは POC(事前検証)環境向けです。中規模のアプライアンスは標準的な本番環境に最適で、最大 64 のハイパーバイザーをサポートできます。大規模のアプライアンスは、64 を超えるハイパーバイザーを使用する大規模環境用です。

注:

VMXNET 3 vNIC は、NSX Edge 仮想マシンでのみサポートされます。

NSX Edge 仮想マシンとベア メタル NSX Edge CPU の要件

ハードウェア

タイプ

CPU

  • Xeon 56xx (Westmere-EP)

  • Xeon E7-xxxx(Westmere-EX 以降の世代の CPU)

  • Xeon E5-xxxx(Sandy Bridge 以降の世代の CPU)

ベア メタル NSX Edge 固有の NIC 要件

NIC タイプ

説明

PCI デバイス ID

Intel X520/Intel 82599

IXGBE_DEV_ID_82599_KX4

IXGBE_DEV_ID_82599_KX4_MEZZ

IXGBE_DEV_ID_82599_KR

IXGBE_DEV_ID_82599_COMBO_BACKPLANE

IXGBE_SUBDEV_ID_82599_KX4_KR_MEZZ

IXGBE_DEV_ID_82599_CX4

IXGBE_DEV_ID_82599_SFP

IXGBE_SUBDEV_ID_82599_SFP

IXGBE_SUBDEV_ID_82599_RNDC

IXGBE_SUBDEV_ID_82599_560FLR

IXGBE_SUBDEV_ID_82599_ECNA_DP

IXGBE_DEV_ID_82599_SFP_EM

IXGBE_DEV_ID_82599_SFP_SF2

IXGBE_DEV_ID_82599_SFP_SF_QP

IXGBE_DEV_ID_82599_QSFP_SF_QP

IXGBE_DEV_ID_82599EN_SFP

IXGBE_DEV_ID_82599_XAUI_LOM

IXGBE_DEV_ID_82599_T3_LOM

0x10F7

0x1514

0x1517

0x10F8

0x000C

0x10F9

0x10FB

0x11A9

0x1F72

0x17D0

0x0470

0x1507

0x154D

0x154A

0x1558

0x1557

0x10FC

0x151C

Intel X540

IXGBE_DEV_ID_X540T

IXGBE_DEV_ID_X540T1

0x1528

0x1560

Intel X550

IXGBE_DEV_ID_X550T

IXGBE_DEV_ID_X550T1

0x1563

0x15D1

Intel X710

I40E_DEV_ID_SFP_X710

I40E_DEV_ID_KX_C

I40E_DEV_ID_10G_BASE_T

0x1572

0x1581

0x1586

Intel XL710

I40E_DEV_ID_KX_B

I40E_DEV_ID_QSFP_A

I40E_DEV_ID_QSFP_B

I40E_DEV_ID_QSFP_C

0x1580

0x1583

0x1584

0x1585

ベア メタル NSX Edge のメモリ、CPU、ディスクの要件

メモリ

CPU コア

ディスク容量

32 GB

8

120 GB

NSX Manager のブラウザのサポート

ブラウザ

Windows 10

Windows 8.1

Ubuntu 14.04

Mac OS X 10.11、10.12

Internet Explorer 11

Firefox 55

Chrome 60

Safari 10

Microsoft Edge 40

注:

Internet Explorer 11 の互換モードはサポートされていません。

サポートされるブラウザの最小解像度は、1280 × 800 ピクセルです。

分散ネットワーク暗号化 (DNE) のリソース要件

アプライアンス

メモリ

vCPU

ディスク容量

DNE Key Manager

8 GB

2

20 GB

その他の要件は次のとおりです。

  • DNE は、vSphere 6.5 でのみサポートされます。

  • DNE Key Manager は高可用性を使用する vSphere でサポートされます。

  • KVM の場合、整合性のみのオプションは 4.2 までのカーネルでサポートされます。

  • 別の L3 サブネットに NSX Edge ノードを展開します。

  • 暗号化ルールがハイパーバイザーに適用される場合、仮想トンネル エンドポイント (VTEP) インターフェイスの最小 MTU サイズは 1700 にする必要があります。MTU サイズは 2000 以上にすることをお勧めします。