NSX-T でパブリック クラウド内のワークロード仮想マシンを管理するには、ワークロード仮想マシンのオンボーディングを行う必要があります。その前に、CSM の検疫ポリシー設定を使用した脅威検出のメカニズムを理解する必要があります。