今回のリリースでは、CSM のアップグレードに、NSX CLI のみを使用できます。

Unified Appliance のアップグレード バンドルを CSM にコピーします。

CSM をアップグレードするには、ファイル VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nubCSM アプライアンスの /var/vmware/nsx/file-store/ に配置する必要があります。

権限に応じて、次のいずれかの方法でファイルをこの場所に取得できます。

  • CSM アプライアンスの root 権限がない場合:

    • VMware ダウンロード ポータルからファイル VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nub をダウンロードします。このファイルは通常、nsx-unified-appliance [> ]upgrade にあります。

    • このファイルをコピーするには、次の NSX CLI コマンドを使用します。

      Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin> copy url scp://<username>@<host_where_the_.nub_file_is_downloaded>/<path_to_file>/VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nub

  • または、 root 権限を使用して、次の手順でこのファイルを CSM からコピーできます。

    root@Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin:~# cp /repository/<version>/CloudServiceManager/nub/VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nub /var/vmware/nsx/file-store/
    

次の手順で CSM をアップグレードします。

  1. .nub ファイルを解凍して確認します。

    Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin> verify upgrade-bundle VMware-NSX-unified-appliance-<version>
    Checking upgrade bundle /var/vmware/nsx/file-store/VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nub contents
    Verifying bundle VMware-NSX-unified-appliance-<version>.bundle with signature VMware-NSX-unified-appliance-<version>.bundle.sig
    Moving bundle to /image/VMware-NSX-unified-appliance-<version>.bundle
    Extracting bundle payload
    Successfully verified upgrade bundle
    Bundle manifest:
        appliance_type: 'nsx-unified-appliance'
        version: '<upgrade version>'
        os_image_path: 'files/nsx-root.fsa'
        os_image_md5_path: 'files/nsx-root.fsa.md5'
    Current upgrade info:
    {
      "info": "",
      "body": {
        "meta": {
          "from_version": "<current version>",
          "old_config_dev": "/dev/mapper/nsx-config",
          "to_version": "<post-upgrade version>",
          "new_config_dev": "/dev/mapper/nsx-config__bak",
          "old_os_dev": "/dev/xvda2",
          "bundle_path": "/image/VMware-NSX-unified-appliance-<version>",
          "new_os_dev": "/dev/xvda3"
        },
        "history": []
      },
      "state": 1,
      "state_text": "CMD_SUCCESS"
    }
    Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin>
    

  2. アップグレードを開始します。

    Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin> start upgrade-bundle VMware-NSX-unified-appliance-<version> playbook VMware-NSX-cloud-service-manager-<version>-playbook
    Validating playbook /var/vmware/nsx/file-store/VMware-NSX-cloud-service-manager-<version>-playbook.yml
    Running "shutdown_csm_svc" (step 1 of 6)
    Running "install_os" (step 2 of 6)
    Running "migrate_csm_config" (step 3 of 6)
     
    System will now reboot (step 4 of 6)
    After the system reboots, use "resume" to start the next step, "start_csm_svc".
    {
      "info": "",
      "body": null,
      "state": 1,
      "state_text": "CMD_SUCCESS"
    }
    Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin>
    Broadcast message from root@Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin (Fri 2017-08-25 21:11:36 UTC):
     
    The system is going down for reboot at Fri 2017-08-25 21:12:36 UTC!
    
  3. アップグレードが完了するのを待ちます。アップグレード中に CSM が再起動され、再起動後に CSM のユーザー インターフェイスが再起動すると、アップグレードが完了します。

  4. CSM のバージョンを確認し、アップグレードされたことを確認します。

    Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin> get version
    VMware NSX Software, Version [<upgraded version>]
    

次の手順

NSX-T のアップグレード の手順を実行します。