NSX-T には、ルーティングの問題をトラブルシューティングするためのツールが組み込まれています。

トレースフロー

トレース フローを使用して、パケットのフローを検査できます。配信、ドロップ、受信、および転送されたパケットを表示できます。パケットがドロップされた場合は、理由が表示されます。たとえば、パケットは、ファイアウォール ルールによってドロップされることがあります。

ルーティング テーブルの確認

サービス ルーターのルーティング テーブルを表示するには、次のコマンドを実行します。
edge01> get logical-router
Logical Route
UUID                                   VRF    LR-ID  Name                Type                        Ports
736a80e3-23f6-5a2d-81d6-bbefb2786666   0      0                          TUNNEL                      3
c9393d0c-1fcf-4c34-889d-2da1eeee25b8   1      10     SR-t0-router        SERVICE_ROUTER_TIER0        5
9333c94e-5938-46b4-8c7d-5e6ac2c8b7b5   2      8      DR-t1-router01      DISTRIBUTED_ROUTER_TIER1    6
c91eb7c5-0297-4fed-9c22-b96df1c9b80f   3      9      DR-t0-router        DISTRIBUTED_ROUTER_TIER0    4
 
edge01> vrf 1
edge01(tier0_sr)> get route
 
Flags: c - connected, s - static, b - BGP, ns - nsx_static
nc - nsx_connected, rl - router_link, t0n: Tier0-NAT, t1n: Tier1-NAT
t1l: Tier1-LB VIP, t1s: Tier1-LB SNAT
 
Total number of routes: 25
 
b    10.10.20.0/24        [20/0]        via 192.168.140.1
b    10.10.30.0/24        [20/0]        via 192.168.140.1
b    10.20.20.0/24        [20/0]        via 192.168.140.1
b    10.20.30.0/24        [20/0]        via 192.168.140.1
b    30.0.0.0/8           [20/0]        via 192.168.140.1
rl   100.64.80.0/31       [0/0]         via 169.254.0.1
rl   100.64.80.2/31       [0/0]         via 169.254.0.1
rl   100.64.80.4/31       [0/0]         via 169.254.0.1
<TRUNCATED OUTPUT>
b    192.168.200.0/24     [20/0]        via 192.168.140.1
b    192.168.210.0/24     [20/0]        via 192.168.140.1
b    192.168.220.0/24     [20/0]        via 192.168.140.1
b    192.168.230.0/24     [20/0]        via 192.168.140.1
b    192.168.240.0/24     [20/0]        via 192.168.140.1
インターフェイスの IP アドレスを取得するには、次のコマンドを実行します。
edge01(tier0_sr)> get interfaces
Logical Router
UUID                                   VRF  LR-ID  Name           Type
c9393d0c-1fcf-4c34-889d-2da1eeee25b8   1    10     SR-t0-router   SERVICE_ROUTER_TIER0
interfaces
    interface   : 977ac2eb-8ab7-40e9-8abe-782a438c749a
    ifuid       : 285
    name        : uplink01
    mode        : lif
    IP/Mask     : 192.168.140.3/24
    MAC         : 00:50:56:b5:d5:64
    LS port     : 14391f86-efef-4e3d-98c3-f291c17d13f8
    urpf-mode   : STRICT_MODE
    admin       : up
    MTU         : 1600
 
    interface   : 6af81d72-4d32-5f66-b7ae-403e617290e5
    ifuid       : 270
    mode        : blackhole
 
    interface   : 015e709d-6079-5c19-9556-8be2e956f775
    ifuid       : 269
    mode        : cpu
 
    interface   : 3f40f838-eb8a-4f35-854c-ea8bb872dc47
    ifuid       : 272
    name        : bp-sr0-port
    mode        : lif
    IP/Mask     : 169.254.0.2/28
    MAC         : 02:50:56:56:53:00
    VNI         : 25489
    LS port     : 770a208d-27fa-4f8d-afad-a9c41ca6295b
    urpf-mode   : NONE
    admin       : up
    MTU         : 1500
 
    interface   : 00003300-0000-0000-0000-00000000000a
    ifuid       : 263
    mode        : loopback
    IP/Mask     : 127.0.0.1/8

T1 ルートのアドバタイズ

T1 ルートは、T0 ルーターおよびその上位の階層で表示されるようにアドバタイズする必要があります。NSX 接続、NAT、スタティック、LB VIP、LB SNAT など、さまざまなタイプのルートをアドバタイズすることができます。