NSX-T Data Center を使用して管理する仮想マシンに [nsx.network] タグを適用します。

前提条件

ワークロード仮想マシンがホストされている Virtual Private Cloud (VPC) または VNet に NSX Cloud がオンボーディングされている必要があります。詳細については、『NSX-T Data Center インストール ガイド』の「[パブリック クラウド インベントリの追加]」を参照してください。

手順

  1. パブリック クラウド アカウントにログインし、NSX Cloud でオンボーディングされている VPC または VNet に移動します。
  2. NSX-T Data Center を使用して管理する仮想マシンを選択します。
  3. 以下の仮想マシンのタグの詳細を追加し、変更内容を保存します。
    Name: nsx.network
    Value: default
    注: このタグを仮想マシン レベルで適用しても、インターフェイス レベルで適用しても、同じ効果になります。

次のタスク

これらの仮想マシンに NSX Agent をインストールします。「NSX Agent のインストール」を参照してください。

Microsoft Azure を使用している場合、タグ付けされた仮想マシンに NSX Agent を自動インストールするオプションがあります。詳細については、NSX Agent の自動インストールを参照してください。