サービス挿入を設定して、Tier-0 ルーターで North-South 方向のトラフィックを仮想マシンにリダイレクト、または Tier-1 ルーターで East-West 方向のトラフィックを仮想マシンにリダイレクトします。仮想マシンで実行されているサービスが、トラフィックを処理して適切なアクションを実行できるようになります。

以下のアーキテクチャ図に、サービス挿入を設定する際のデータのフローを示します。

サービス挿入トポロジ

サービス挿入では、2 台の Edge ノードと 2 台のサービス仮想マシンで、アクティブ/スタンバイ モードの高可用性 (HA) をサポートします。アクティブ/アクティブ モードの HA はサポートしません。ルーターは、1 つのサービスのみサポートできます。

サービス挿入のセットアップは、次の手順のとおりに実行します。
  • サービスを登録します。
  • サービス インスタンスを展開します。
  • トラフィックのリダイレクトを設定します。