論理ポートは、VIF、ルーターへのパッチ接続、または外部ネットワークへのレイヤー 2 ゲートウェイ接続のための論理接続ポイントを提供します。また、論理ポートは、スイッチング プロファイル、ポート統計カウンタ、および論理リンクの状態を公開します。

論理スイッチから継承されたスイッチング プロファイルを、子の論理ポート用の別のカスタム スイッチング プロファイルに変更することができます。

前提条件

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[ネットワーク] > [スイッチング] の順に選択します。
  3. [ポート] タブをクリックします。
  4. カスタムのスイッチング プロファイルを適用する論理ポートをクリックします。
  5. [管理] タブをクリックします。
  6. ドロップダウン メニューからカスタムのスイッチング プロファイルのタイプを選択します。
    • [QoS]
    • [ポート ミラーリング]
    • [IP アドレス検出]
    • [SpoofGuard]
    • [スイッチ セキュリティ]
    • [MAC 管理]
  7. [変更] をクリックします。
  8. ドロップダウン メニューから以前に作成されたカスタムのスイッチング プロファイルを選択します。
  9. [保存] をクリックします。
    これで、論理ポートがカスタムのスイッチング プロファイルに関係付けられます。
  10. 設定を変更した新しいカスタム スイッチング プロファイルが [管理] タブに表示されることを確認します。

次のタスク

論理スイッチ ポート上でアクティビティを監視して、問題をトラブルシューティングできます。『NSX-T Data Center 管理ガイド』で「論理スイッチ ポート アクティビティの監視」を参照してください。