IP アドレス検出は、DHCP スヌーピング、ARP スヌーピングまたは VM Tools を使用して仮想マシンの MAC アドレスと IP アドレスを学習します。MAC アドレスと IP アドレスを学習すると、エントリは NSX Controller と共有され、ARP 抑制が有効になります。ARP 抑制は、同じ論理スイッチに接続された仮想マシン内の ARP トラフィックのフラッドを最小限に抑えます。

DHCP スヌーピングは、仮想マシンの DHCP クライアントと DHCP サーバ間で交換された DHCP パケットを検査し、仮想マシンの IP アドレスおよび MAC アドレスを学習します。

ARP スヌーピングは、仮想マシンの送信 ARP および GARP を検査し、IP アドレスと MAC アドレスを学習します。

VM Tools は、ESXi ホストの仮想マシン上で実行されるソフトウェアで、MAC アドレスや IP アドレスを含む仮想マシンの構成情報を提供します。この IP アドレス検出方法は、ESXi ホストで実行されている仮想マシンにのみ使用できます。

注: Linux 仮想マシンの場合、ARP Flux (ARP 変動) の問題によって ARP スヌーピングが不正な情報を取得する可能性があります。この問題は ARP フィルタによって回避できます。詳細については、 http://linux-ip.net/html/ether-arp.html#ether-arp-fluxを参照してください。