NSX-T Data Center 論理ルーターは基盤となるハードウェアから完全に分離された仮想環境でルーティング機能を再現します。Tier-0 論理ルーターは、論理ネットワークと物理ネットワーク間のゲートウェイ サービスを有効または無効にします。

NSX Cloud のメモ NSX Cloud を使用している場合、自動生成された論理エンティティ、サポートされる機能、および NSX Cloud に必要な構成のリストについては、 NSX-T Data Center 機能をパブリック クラウドで使用する方法 を参照してください。

1 つの NSX Edge クラスタが複数の Tier-0 論理ルーターをバッキングできます。Tier-0 ルーターは BGP のダイナミック ルーティング プロトコルおよび ECMP をサポートします。

Tier-0 論理ルーターを追加する場合、構築しているネットワーク トポロジについてのプランニングが重要です。

図 1. Tier-0 論理ルーターのトポロジ

説明を簡単にするため、サンプル トポロジは、単一の NSX Edge ノード上でホストされ、単一の Tier-0 論理ルーターに接続された、単一の Tier-1 論理ルーターを示します。これは推奨されるトポロジではないことに注意してください。論理ルーターの設計を十分に活用するには、最低でも 2 台の NSX Edge ノードが必要です。

Tier-1 論理ルーターには Web 論理スイッチおよび App 論理スイッチがあり、それぞれに仮想マシンが接続されています。Tier-1 ルーターと Tier-0 ルーター間のルーター リンク スイッチは、Tier-0 ルーターに Tier-1 ルーターを接続すると自動的に作成されます。これで、このスイッチには「システムにより生成」というラベルが付けられます。