署名された CA 証明書をインポートし、会社の臨時の CA として使用することができます。証明書をインポートすると、自分の証明書に署名する権限が与えられます。

前提条件

CA 証明書が使用可能であることを確認します。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[システム] > [信頼] の順に選択します。
  3. [証明書] タブをクリックします。
  4. [インポート] > [認証局 (CA) 証明書をインポート] の順に選択して、証明書の詳細を入力します。
    オプション 説明
    名前 CA 証明書に名前を割り当てます。
    証明書の内容 コンピュータの CA 証明書ファイルを参照し、ファイルを追加します。
    説明 この CA 証明書の内容のサマリを入力します。
  5. [保存] をクリックします。

結果

これで、独自の証明書に署名できるようになります。