NSX 制御プレーンの障害を回避するには、NSX Controller クラスタに、本番環境用の 3 台のメンバー ホストが必要です。1 台の物理ハイパーバイザー ホストで発生した障害による NSX 制御プレーンへの影響を回避するには、各コントローラを個別のハイパーバイザー ホスト(合計 3 台の物理ハイパーバイザー ホスト)に配置する必要があります。本番環境のワークロードを処理しないラボや事前検証 (POC) 環境の場合は、リソースを節約するために単一のコントローラで実行することもできます。

NSX Controller クラスタが正常に機能するには、マジョリティを持っている必要があります。3 台のメンバーのうち 2 台がオンラインであれば、クラスタはマジョリティを持っています。オフラインの NSX Controller をオンラインにして 3 台のメンバーから成るクラスタを復元する必要があります。オンラインにできない場合は、置き換えることができます。「NSX Controller クラスタのメンバーの置き換え」を参照してください。

3 台のメンバーのうち 1 台のみがオンラインの場合、クラスタにはマジョリティがなく、正常に機能しません。オフラインのメンバーのいずれもオンラインにできない場合は、障害の発生した NSX Controller を置き換えるか、NSX Controller クラスタを再展開することができます。「NSX Controller クラスタの再展開」を参照してください。

前提条件

トラブルシューティングを行なって、アプライアンスがリカバリ不能であることを確認してください。たとえば、次の手順を行うことで、アプライアンスを交換せずにリカバリできる場合があります。
  • アプライアンスがネットワークに接続されていることを確認します。接続されていない場合は解決します。
  • アプライアンスを再起動します。

次のタスク

NSX Controller クラスタのステータスを取得します。「NSX Controller クラスタのステータスの取得」を参照してください。