NSX Policy Manager をバックアップから過去の状態にリストアすることができます。

前提条件

バックアップ ファイル サーバの SSH フィンガープリントを入手します。フィンガープリントとして使用できるのは、SHA256 ハッシュの ECDSA キーだけです。「リモート サーバの SSH フィンガープリントの検索」を参照してください。

手順

  1. ブラウザから https://nsx-policy-manager-IP-address にアクセスし、NSX Policy Manager にログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[システム] > [ユーティリティ] の順に選択します。
  3. [今すぐリストア] をクリックします。
  4. 前提条件とリスクに関するメッセージを確認し、[次へ] をクリックします。
  5. バックアップ サーバの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
  6. 必要に応じてポート番号を変更します。
    デフォルトは 22 です。
  7. サーバへのログインで使用するユーザー名とパスワードを入力します。
  8. [バックアップ ディレクトリ] フィールドに、バックアップの保存先ディレクトリの絶対パスを入力します。
  9. バックアップ データの暗号化で使用したパスフレーズを入力します。
  10. バックアップ サーバの SSH フィンガープリントを入力します。
  11. [次へ] をクリックします。
  12. バックアップを選択します。
  13. [リストア] をクリックします。
    リストア操作のステータスが表示されます。バックアップの作成後にファブリック ノードまたはトランスポート ノードを削除または追加した場合には、ノードへのログインやスクリプトの実行など、特定の操作を実行するように指示されます。

    リストア操作の完了後、リストアの完了画面が開き、復元の結果、バックアップ ファイルのタイムスタンプ、リストア操作の開始時間と終了時間が表示されます。リストアに失敗すると、エラーが発生した手順が画面に表示されます。リストア処理を再試行するには、障害が発生した Policy Manager アプライアンスではなく、新しい Policy Manager アプライアンスを使用する必要があります。