双方向フォワーディング検出 (BFD) は転送パスの障害を検出することができるプロトコルです。

注: このリリースでは、仮想トンネル インターフェイス (VTI) ポートを経由する BFD はサポートされていません。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[ネットワーク] > [ルーティング] の順に選択します。
  3. Tier-0 論理ルーターを選択します。
  4. [ルーティング] タブをクリックし、ドロップダウン メニューから [BFD] を選択します。
  5. [編集] をクリックして BFD を設定します。
  6. [状態] 切り替えボタンをクリックして BFD を有効にします。
    オプションでグローバル BFD プロパティ [受信間隔][転送間隔][非活動時間の間隔] を変更することができます。
  7. (オプション) [スタティック ルートのネクスト ホップの BFD ピア] の [追加] をクリックして BFD ピアを追加します。
    ピア IP アドレスを指定し、管理状態を [有効] に設定します。オプションでグローバル BFD プロパティ [受信間隔][転送間隔][非活動時間の間隔] をオーバーライドすることができます。