次の表は、無効だった検疫ポリシーを有効にした場合、セキュリティ グループの割り当てが受ける影響を示したものです。

表 1. 検疫ポリシーの有効化によるセキュリティ グループへの影響
仮想マシン ID 管理対象 脅威の検出 検疫ポリシーを有効にした後のセキュリティ グループ
VM 1 × vm_underlay_sg
VM 2 default

(AWS) または

quarantine

(Microsoft Azure)
注: 管理対象仮想マシンには、 vm_override_sg を手動で割り当てることができます。これにより検疫モードが終了し、これらの仮想マシンに SSH または RDP 経由でアクセスして問題を修復することができます。「 検疫ポリシー:有効」 を参照してください。
VM 3 × 該当なし default

(AWS) または

quarantine

(Microsoft Azure)