vCenter Server で管理される ESXi ホストがある場合、Web ベースの vSphere Web Client を介してホストの仮想マシンにアクセスすることができます。その場合は、この手順に従って、仮想マシンを NSX-T Data Center 論理スイッチに接続します。

ここで示す例では、app-vm という名前の仮想マシンを app-switch という名前の論理スイッチに接続します。

インストールベースの vSphere Client アプリケーションは、 NSX-T Data Center 論理スイッチへの仮想マシンの接続をサポートしません。(Web ベースの) vSphere Web Client を所有していない場合は、 スタンドアロン ESXi にホストされている仮想マシンの NSX-T Data Center 論理スイッチへの接続を参照してください。

前提条件

  • 仮想マシンは、NSX-T Data Center ファブリックに追加されたハイパーバイザー上でホストされている必要があります。
  • ファブリック ノードが、NSX-T Data Center 管理プレーン (MPA) と NSX-T Data Center 制御プレーン (LCP) に接続できる
  • ファブリック ノードがトランスポート ゾーンに追加されている
  • 論理スイッチが作成されている

手順

  1. vSphere Web Client で、仮想マシン設定を編集し、仮想マシンを NSX-T Data Center 論理スイッチに接続します。

    次はその例です。

  2. [OK] をクリックします。

結果

仮想マシンを論理スイッチに接続した後、論理スイッチ ポートが論理スイッチに追加されます。論理スイッチ ポートは [スイッチング] > [ポート]NSX Manager で確認することができます。

NSX-T Data Center API で、GET https://<nsx-mgr>/api/v1/fabric/virtual-machines API 呼び出しを使用して NSX-T Data Center に接続された仮想マシンを表示することができます。

[スイッチング] > [ポート]NSX-T Data Center Manager ユーザー インターフェイスで、VIF 接続 ID は API 呼び出しで見つかった ExternalID に一致します。仮想マシンの ExternalID に一致する VIF 接続 ID を探し、管理と操作の状態が Up/Up であることを確認します。

2 台の仮想マシンが同じ論理スイッチに接続され、IP アドレスが同じサブネットで設定されている場合、それらの仮想マシンは互いに ping を送信することができます。

次のタスク

論理ルーターを追加します。

論理スイッチ ポート上でアクティビティを監視して、問題をトラブルシューティングできます。『NSX-T Data Center 管理ガイド』で「論理スイッチ ポート アクティビティの監視」を参照してください。