Tier-0 分散論理ルーターには NSX-T Data Center Tier-1 分散論理ルーターに接続するダウンリンク ポート、および外部ネットワークに接続するアップリンク ポートがあります。

前提条件

  • 1 つ以上の NSX Edge がインストールされていることを確認します。『NSX-T Data Center インストール ガイド』を参照してください。
  • NSX Controller クラスタが安定していることを確認します。
  • NSX Edge クラスタが設定されていることを確認します。『NSX-T Data Center インストール ガイド』を参照してください。
  • Tier-0 分散論理ルーターのネットワーク トポロジを理解します。「Tier-0 論理ルーター」を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[ネットワーク] > [ルーティング] の順に選択します。
  3. [追加] をクリックして Tier-0 分散論理ルーターを作成します。
  4. ドロップダウン メニューから [Tier-0 ルーター] を選択します。
  5. Tier-0 分散論理ルーターの名前を割り当てます。
  6. この Tier-0 論理ルーターをバックアップする既存の NSX Edge クラスタをドロップダウン メニューから選択します。
  7. (オプション) 高可用性モードを選択します。
    デフォルトでは、アクティブ/アクティブ モードが使用されます。アクティブ/アクティブ モードでは、トラフィックはすべてのメンバー間で負荷分散されています。アクティブ/スタンバイ モードでは、すべてのトラフィックは選ばれたアクティブ メンバーによって処理されます。アクティブ メンバーが失敗すると、新しいメンバーが選ばれてアクティブになります。
  8. (オプション) [詳細] タブをクリックして Tier-0 内の移行サブネットのサブネットを入力します。
    これは、分散ルーターへの Tier-0 サービス ルーターに接続するサブネットです。空白のままにすると、デフォルトの 169.0.0.0/28 サブネットが使用されます。
  9. (オプション) [詳細] タブをクリックして Tier-0 と Tier-1 間の移行サブネットのサブネットを入力します。
    これは、Tier-0 ルーターを、この Tier-0 ルーターに接続する任意の Tier-1 ルーターに接続するサブネットです。空白のままにすると、これらの Tier-0 と Tier-1 の接続に割り当てられるデフォルトのアドレス空間は 100.64.0.0/10 になります。Tier-0 から Tier-1 の各ピア接続には、100.64.0.0/10 アドレス空間内で /31 サブネットが提供されます。
  10. [保存] をクリックします。
    新しい Tier-0 分散論理ルーターがリンクとして表示されます。
  11. (オプション) Tier-0 分散論理ルーター リンクをクリックしてサマリを確認します。

次のタスク

Tier-1 分散論理ルーターをこの Tier-0 分散論理ルーターに接続します。

Tier-0 分散論理ルーターを VLAN 論理スイッチに接続するように設定し、外部ネットワークへのアップリンクを作成します。「NSX Edge アップリンク用の VLAN 論理スイッチへの Tier-0 論理ルーターの接続」を参照してください。