NSX-T Data Center 論理スイッチが VLAN でバッキングされたポート グループへのレイヤー 2 接続を必要とする場合、あるいは NSX-T Data Center 環境の外部にあるゲートウェイなどの別のデバイスにアクセスする必要がある場合は、NSX-T Data Center レイヤー 2 ブリッジを使用することができます。これは、物理ワークロードと仮想ワークロード上でサブネットを分割する必要がある移行シナリオで特に役に立ちます。

レイヤー 2 ブリッジに含まれる NSX-T Data Center のコンセプトは、ブリッジ クラスタ、ブリッジ エンドポイントおよびブリッジ ノードです。ブリッジ クラスタはブリッジ ノードの高可用性 (HA) コレクションです。ブリッジ ノードはブリッジ機能を提供するトランスポート ノードです。仮想環境と物理環境のブリッジに使用される各論理スイッチには VLAN ID が関連付けられています。ブリッジ エンドポイントは、ブリッジ クラスタ ID および関連付けられた VLAN ID など、ブリッジの物理属性を識別します。

ESXi ホストのトランスポート ノードまたは NSX Edge のトランスポート ノードのいずれかを使用してレイヤー 2 ブリッジを構成できます。ブリッジに ESXi ホストのトランスポート ノードを使用するには、ブリッジ クラスタを作成します。ブリッジに NSX Edge のトランスポート ノードを使用するには、ブリッジ プロファイルを作成します。

次の例では、2 台の NSX-T Data Center トランスポート ノードは同じオーバーレイ トランスポート ゾーンの一部です。これにより、NSX で管理されている分散仮想スイッチ(以前はホストスイッチと呼ばれていた N-VDS)を、ブリッジでバッキングされる同じ論理スイッチに接続することができます。

図 1. ブリッジ トポロジ
ブリッジ ノード、トランスポート ノード、および NSX 外部ノードを示すブリッジ トポロジ

左側のトランスポート ノードはブリッジ クラスタに属しています。したがって、これはブリッジ ノードです。

論理スイッチはブリッジ クラスタに接続されているので、ブリッジでバッキングされる論理スイッチと呼ばれます。ブリッジでのバッキングを可能にするには、論理スイッチを VLAN トランスポート ゾーンではなくオーバーレイ トランスポート ゾーンに配置する必要があります。

中央のトランスポート ノードはブリッジ クラスタの一部ではありません。これは標準のトランスポート ノードです。KVM または ESXi ホストの場合があります。図では、「app VM」と呼ばれるこのノード上の仮想マシンはブリッジでバッキングされる論理スイッチに接続されています。

右側のノードは NSX-T Data Center オーバーレイの一部ではありません。これは(図に示すような)仮想マシンを実行する任意のハイパーバイザー、または物理ネットワーク ノードの場合があります。非 NSX-T Data Center ノードが ESXi ホストの場合、標準の vSwitch または vSphere Distributed Switch をポート接続に使用することができます。1 つの要件として、ポート接続に関連付けられた VLAN ID はブリッジでバッキングされる論理スイッチの VLAN ID と一致する必要があります。また、通信はレイヤー 2 で発生するので、2 台の端末装置の IP アドレスは同じサブネットにある必要があります。

すでに述べたように、ブリッジの目的は 2 台の仮想マシン間でのレイヤー 2 通信を可能にすることです。トラフィックが 2 台の仮想マシン間で転送されるときに、トラフィックはブリッジ ノードを経由します。

注: ESXi ホストで実行されている Edge 仮想マシンを使用してレイヤー 2 ブリッジを提供する場合、VLAN 側のトラフィックを送受信する標準スイッチまたは分散スイッチのポート グループは、無作為検出モードにする必要があります。最適なパフォーマンスを実現するためには、次の点に注意してください。
  • 同じ VLAN のセットを共有する同じホスト上に、無作為検出モードのポート グループが他にないことを確認します。
  • アクティブ モードの Edge 仮想マシンとスタンバイ モードの Edge 仮想マシンは、異なるホスト上に配置する必要があります。両方の仮想マシンが同じホスト上にあると、VLAN のトラフィックを両方の仮想マシンに無作為検出モードで転送する必要があるため、スループットが 7 Gbps に低下する可能性があります。