仮想サーバは、すべてのクライアント接続を受信し、複数のサーバに分散します。仮想サーバには、IP アドレス、ポート、およびプロトコルが 1 つずつ設定されます。レイヤー 4 仮想サーバの場合は、1 つの TCP または UDP ポートでなくポート範囲のリストを指定できるため、動的ポートによって複雑なプロトコルをサポートできます。

レイヤー 4 仮想サーバは、デフォルト プールとも呼ばれるプライマリ サーバ プールに関連付ける必要があります。

仮想サーバの状態が無効になっている場合、仮想サーバに新規接続を試みると、TCP 接続では TCP RST の送信、UDP では ICMP エラー メッセージの送信によってすべて拒否されます。新しい接続に対応するパーシステンス エントリがある場合でも拒否されます。アクティブな接続は、引き続き処理されます。仮想サーバが削除されるか、仮想サーバとロード バランサの関連付けが解除されると、その仮想サーバへのアクティブな接続に失敗します。

前提条件

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [ロード バランサ] > [仮想サーバ] > [追加] の順に選択します。
  3. レイヤー 4 仮想サーバの名前と説明を入力します。
  4. ドロップダウン メニューからレイヤー 4 のプロトコルを選択します。
    レイヤー 4 仮想サーバは、Fast TCP と Fast UDP のいずれかのプロトコルをサポートしますが、その両方をサポートすることはできません。DNS などの場合に、同じ IP アドレスとポートで Fast TCP プロトコルと Fast UDP プロトコルをサポートするには、各プロトコルに対応する仮想サーバをそれぞれ作成する必要があります。
    プロトコル タイプに基づいて、既存のアプリケーション プロファイルが自動的に適用されます。
  5. [アクセス ログ] ボタンを切り替え、レイヤー 4 仮想サーバのログを有効にします。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. 仮想サーバの IP アドレスとポート番号を入力します。
    仮想サーバのポート番号またはポートの範囲を入力できます。
  8. 詳細プロパティの詳細を入力します。
    オプション 説明
    最大同時接続数 同じロード バランサでホストされている他のアプリケーションのリソースをすべて消費することがないように、仮想サーバに許される同時接続の最大数を設定します。
    最大新規接続レート 仮想サーバがリソースをすべて消費することがないように、サーバ プール メンバーに対して新規接続の最大速度を設定します。
    デフォルトのプール メンバー ポート 仮想サーバのプール メンバー ポートが定義されていない場合は、デフォルトのプール メンバー ポートを入力します。

    たとえば、仮想サーバに 2000~2999 のポート範囲を定義し、デフォルトのプール メンバー ポート範囲を 8000~8999 と設定した場合、仮想サーバのポート 2500 への受信クライアント接続は、ターゲット ポートが 8500 に設定された状態でプール メンバーに送信されます。

  9. ドロップダウン メニューから既存のサーバ プールを選択します。
    サーバ プールは、プール メンバーとも呼ばれる 1 台または複数のサーバで構成されます。これらは同じように設定され、同じアプリケーションを実行します。
  10. ドロップダウン メニューから既存のソーリー サーバ プールを選択します。
    ソーリー サーバ プールは、ロード バランサがデフォルト プールからの要求を処理するバックエンド サーバを選択できない場合に要求を処理します。
  11. [次へ] をクリックします。
  12. ドロップダウン メニューから既存のパーシステンス プロファイルを選択します。
    仮想サーバでパーシステンス プロファイルを有効にすると、関連する複数のクライアント接続を同じサーバに送信できます。
  13. [終了] をクリックします。