north バウンド物理ルーターにアクセスするには、Tier-1 ルーターが Tier-0 論理ルーターに接続されている必要があります。

前提条件

  • 論理スイッチが設定されていることを確認します。「論理スイッチの作成」を参照してください。
  • ネットワークアドレス変換 (NAT) 設定を実行するように、NSX Edge クラスタが展開されていることを確認します。『NSX-T Data Center インストール ガイド』を参照してください。
  • Tier-1 論理ルーターのトポロジを理解します。「Tier-1 論理ルーター」を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[ネットワーク] > [ルーティング] の順に選択します。
  3. [追加] をクリックし、[Tier-1 ルーター] を選択します。
  4. 論理ルーターの名前と、必要に応じて説明を入力します。
  5. (オプション) この Tier-1 論理ルーターに接続する Tier-0 論理ルーターを選択します。
    Tier-0 論理ルーターが設定されていない場合は、このフィールドを空白のままにして、後でルーター設定を編集できます。
  6. (オプション) この Tier-1 論理ルーターに接続する NSX Edge クラスタを選択します。
    NAT 設定に使用される Tier-1 論理ルーターは NSX Edge クラスタに接続される必要があります。 NSX Edge クラスタが設定されていない場合は、このフィールドを空白のままにして、後でルーター設定を編集できます。
  7. (オプション) NSX Edge クラスタを選択した場合は、フェイルオーバー モードを選択します。
    オプション 説明
    プリエンプティブ 優先ノードで障害が発生し、リカバリした場合、そのピアが先取りされ、アクティブ ノードになります。ピアの状態はスタンバイに変わります。デフォルトのオプションです。
    非プリエンプティブ 優先ノードで障害が発生し、リカバリした場合、ピアがアクティブ ノードかどうか確認します。アクティブな場合、優先ノードがピアを先取りせず、スタンバイ ノードになります。
  8. (オプション) [詳細] タブをクリックし、[Tier1 内中継サブネット] の値を入力します。
  9. [追加] をクリックします。
    NSX Manager のユーザー インターフェイスで、新しい論理ルーターがクリック可能なリンクとして表示されます。

結果

この論理ルーターが 5,000 台以上の仮想マシンをサポートしている場合には、 NSX Edge クラスタの各ノードで次のコマンドを実行して、ARP テーブルのサイズを増やす必要があります。
   set debug-mode
   set dataplane neighbor max-arp-logical-router 10000
この変更は保持されないため、データプレーンまたはノードの再起動後にコマンドを再度実行する必要があります。

次のタスク

Tier-1 論理ルーター用のダウンリンク ポートを作成します。「Tier-1 論理ルーターへのダウンリンク ポートの追加」を参照してください。