ルート再配分を有効にすると、Tier-0 の分散論理ルーターが指定ルートをノースバウンド ルーターと共有し始めます。

前提条件

  • Tier-0 と Tier-1 の分散論理ルーターが接続され、Tier-1 分散論理ルーター ネットワークをアドバタイズし、Tier-0 分散論理ルーターで再配分できることを確認します。「Tier-0 と Tier-1 の接続」を参照してください。
  • ルート再配分から特定の IP アドレスを除外する場合は、ルート マップが設定されていることを確認します。「ルート マップの作成」を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[ネットワーク] > [ルーティング] の順に選択します。
  3. Tier-0 論理ルーターを選択します。
  4. [ルーティング] タブをクリックし、ドロップダウン メニューから [ルート再配分] を選択します。
  5. [追加] をクリックしてルート再配分の条件を完了します。
    オプション 説明
    名前と説明

    ルート再配分に名前を割り当てます。オプションで説明を入力できます。

    名前の例:advertise-to-bgp-neighbor

    送信元

    再配分するソース ルートのチェック ボックスを選択します。

    スタティック:Tier-0 スタティック ルート

    NSX 接続:Tier-1 接続ルート

    NSX スタティック:Tier-1 スタティック ルート。スタティック ルートは自動的に作成されます。

    Tier-0 NAT:Tier-0 分散論理ルーターで NAT が設定されている場合に生成されるルート。

    Tier-1 NAT:Tier-1 分散論理ルーターで NAT が設定されている場合に生成されるルート。

    ルート マップ (オプション)一連の IP アドレスをルート再配分から除外するためのルート マップを割り当てます。
  6. [保存] をクリックします。
  7. [状態] 切り替えボタンをクリックして、ルート再配分を有効にします。
    状態ボタンが「有効」になります。