NSX Policy Manager をバックアップすることで、Policy Manager が保存するデータを保護できます。バックアップを実行する前に、バックアップのプロパティを設定する必要があります。

前提条件

バックアップ ファイル サーバの SSH フィンガープリントを入手します。フィンガープリントとして使用できるのは、SHA256 ハッシュの ECDSA キーだけです。「リモート サーバの SSH フィンガープリントの検索」を参照してください。

手順

  1. ブラウザから https://nsx-policy-manager-IP-address にアクセスし、NSX Policy Manager にログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[システム] > [ユーティリティ] の順に選択します。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [自動バックアップ] 切り替えボタンをクリックして自動バックアップを有効または無効にします。
  5. バックアップ ファイル サーバの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
  6. 必要に応じてデフォルトのポートを編集します。
  7. バックアップ ファイル サーバへのログインに必要なユーザー名とパスワードを入力します。
  8. [宛先ディレクトリ] フィールドに、バックアップの保存先の絶対ディレクトリ パスを入力します。
    存在するディレクトリを使用してください。
  9. バックアップ データの暗号化に使用するパスフレーズを入力します。
    バックアップをリストアするにはこのパスフレーズが必要です。バックアップのパスフレーズを忘れた場合、バックアップをリストアすることはできません。
  10. バックアップを格納するサーバの SSH フィンガープリントを入力します。「リモート サーバの SSH フィンガープリントの検索」を参照してください。
  11. [スケジュール] タブをクリックします。
  12. 頻度を選択します。
    [毎週] を選択した場合は、曜日と時刻を指定します。 [間隔] を選択した場合は、間隔を指定します。
  13. [保存] をクリックします。