バックアップは、NSX Manager がアクセスできるファイル サーバに保存されます。バックアップを行う前に、このサーバの場所を設定する必要があります。

注: 設計上、 NSX Manager はバックアップ ファイル サーバ上のバックアップ ファイルを削除しません。バックアップのローテーションを管理し、サーバにバックアップに十分なディスク容量を確保する必要があります。古いバックアップを自動的に削除するスクリプトを実行することもできます。

前提条件

バックアップ ファイル サーバの SSH フィンガープリントを入手します。フィンガープリントとして使用できるのは、SHA256 ハッシュの ECDSA キーだけです。「リモート サーバの SSH フィンガープリントの検索」を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者としてログインします。
  2. [システム] > [ユーティリティ] > [バックアップ] の順にクリックします。
  3. バックアップの保存場所に対するアクセス資格情報を指定するには、ページの右上にある [編集] をクリックします。
  4. [自動バックアップ] 切り替えボタンをクリックして自動バックアップを有効にします。
  5. バックアップ ファイル サーバの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
  6. 必要に応じてデフォルトのポートを編集します。
  7. バックアップ ファイル サーバへのログインに必要なユーザー名とパスワードを入力します。
  8. [宛先ディレクトリ] フィールドに、バックアップの保存先の絶対ディレクトリ パスを入力します。
    存在するディレクトリを使用してください。 NSX-T Data Center 展開が複数ある場合には、展開ごとに別のディレクトリを使用します。
  9. バックアップ データの暗号化に使用するパスフレーズを入力します。
    バックアップをリストアするにはこのパスフレーズが必要です。バックアップのパスフレーズを忘れた場合、バックアップをリストアすることはできません。
  10. バックアップを格納するサーバの SSH フィンガープリントを入力します。「リモート サーバの SSH フィンガープリントの検索」を参照してください。
  11. [保存] をクリックします。
  12. ページの下にある [今すぐバックアップ] をクリックして、ファイルをバックアップ ファイル サーバに書き出し、問題がないかどうか確認します。

次のタスク

自動バックアップのスケジュールを設定します。