Tier-1 の分散論理ルーター上でダウンリンク ポートを作成すると、ポートは、同じサブネットにある仮想マシンのデフォルト ゲートウェイとして動作します。

前提条件

Tier-1 論理ルーターが設定されていることを確認します。Tier-1 論理ルーターの作成 を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[ネットワーク] > [ルーティング] の順に選択します。
  3. ルーターの名前をクリックします。
  4. [設定] タブをクリックし、[ルーター ポート] を選択します。
  5. [追加] をクリックします。
  6. ルーター ポートの名前と、必要に応じて説明を入力します。
  7. [タイプ] フィールドで、[ダウンリンク] を選択します。
  8. [uRPF モード] では、[厳密] または [なし] を選択します。
    uRPF (unicast Reverse Path Forwarding) は、セキュリティ機能です。
  9. (オプション) 論理スイッチを選択します。
  10. スイッチ ポートを作成するのか、既存のスイッチ ポートを更新するのかを選択します。
    接続が既存のスイッチ ポート用の場合は、ドロップダウン メニューからポートを選択します。
  11. ルーター ポート IP アドレスを CIDR 表記で入力します。
    たとえば、IP アドレスを 172.16.10.1/24 のように表記します。
  12. (オプション) DHCP リレー サービスを選択します。
  13. [追加] をクリックします。

次のタスク

ルートのアドバタイズを有効にして、仮想マシンと外部の物理ネットワーク間、または同じ Tier-0 分散論理ルーターに接続された異なる Tier-1 分散論理ルーター間に North-South 接続を提供します。Tier-1 分散論理ルーター上でのルートのアドバタイズの設定 を参照してください。