NSX-T Data Center のネットワークアドレス変換 (NAT) は、Tier-0 および Tier-1 分散論理ルーター上で設定することができます。

たとえば次の図は、Tenant2NAT に NAT が設定された 2 つの Tier-1 分散論理ルーターを示します。web 仮想マシンは、単に IP アドレスとして 172.16.10.10、デフォルトのゲートウェイとして 172.16.10.1 を使用するように設定されます。

NATは、Tier-0 分散論理ルーターへの接続時に Tenant2NAT 分散論理ルーターのアップリンクで適用されます。

NAT 設定を有効にするには、Tenant2NAT は NSX Edge クラスタ上にサービス コンポーネントを持っている必要があります。したがって、Tenant2NAT は NSX Edge の内部に示されます。それに比べて、Tenant1 は Edge サービスを使用していないので NSX Edge の外部に置くことができます。

図 1. NAT トポロジ