レイヤー 2 ブリッジでバッキングされた論理スイッチのブリッジ ポートにファイアウォール セクションとファイアウォール ルールを構成することができます。ブリッジは、NSX Edge ノードを使用して作成する必要があります。

前提条件

スイッチがブリッジ プロファイルに接続されていることを確認します。「レイヤー 2 のブリッジによってバックアップされる論理スイッチの作成」を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから [セキュリティ] > [ブリッジ ファイアウォール] の順に選択します。
  3. 論理スイッチを選択します。
    スイッチはブリッジ プロファイルに接続する必要があります。
  4. レイヤー 2 またはレイヤー 3 ファイアウォールを構成するには、前のセクションの同じ手順を実行します。