このワークフローを実行して、アンダーレイ モードの管理対象仮想マシンにアクセスします。

Virtual Private Cloud (VPC) または VNet に PCG を展開する際、NSX Cloud は、ワークロード仮想マシンのセキュリティを強化するためにデフォルトのファイアウォール ルールを作成します。

アンダーレイ モードの管理対象ワークロード仮想マシンにアクセスするには、仮想マシンへのアクセスを可能にする分散ファイアウォール (DFW) ルールを追加する必要があります。

次の手順を実行します。

  1. NSX Manager コンソールを開きます。
  2. [ファイアウォール] > [全般] > [ルールの追加] の順に移動します。
  3. 次の設定でルールを追加します。詳細については、ファイアウォール ルールの追加 を参照してください。
    表 1.
    オプション 説明
    名前 AllowRemoteAccessToUnderlay などのように、このルールの目的を定義する名前を入力します。
    送信元 [任意] を選択します。
    宛先 論理スイッチ、ポート、または NSGroup のうち、この仮想マシンが接続されているか、メンバーであるものを選択します。
    サービス Linux には SSH、または Windows には RDP などのように、このワークロード仮想マシンのリモートアクセス サービスを選択します。
    アクション [許可] を選択します。