論理スイッチを正しく設定して仮想マシンを論理スイッチに接続したら、接続された仮想マシンのネットワーク接続をテストすることができます。

トポロジに基づいてネットワーク環境が適切に設定されていれば、App2 仮想マシンは App1 仮想マシンに ping を送信できます。

図 1. 論理スイッチ トポロジ
2 台の仮想マシンが接続された単一の論理スイッチ

手順

  1. SSH または仮想マシン コンソールを使用して、論理スイッチに接続された仮想マシンの 1 台にログインします。
    例:App2 VM 172.16.20.11
  2. 論理スイッチに接続された 2 番目の仮想マシンに ping を送信して接続をテストします。
    $ ping -c 2 172.16.20.10
    PING 172.16.20.10 (172.16.20.10) 56(84) bytes of data.
    64 bytes from 172.16.20.10: icmp_seq=1 ttl=63 time=0.982 ms
    64 bytes from 172.16.20.10: icmp_seq=2 ttl=63 time=0.654 ms
    64 bytes from 172.16.20.10: icmp_seq=3 ttl=63 time=0.791 ms
    
    --- 172.16.20.10 ping statistics ---
    2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 1990ms
    rtt min/avg/max/mdev = 0.654/0.809/0.902/0.104 ms
    
  3. (オプション) ping コマンドの失敗の原因となる問題を特定します。
    1. 仮想マシン ネットワーク設定が正しいことを確認します。
    2. 仮想マシン ネットワーク アダプタが正しい論理スイッチに接続されることを確認します。
    3. 論理スイッチの [管理] 状態が [UP] であることを確認します。
    4. NSX Manager から、[スイッチング] > [スイッチ] を選択します。
    5. 論理スイッチをクリックし、UUID および VNI 情報をメモします。
    6. NSX Controller から、次のコマンドを実行して問題をトラブルシューティングします。
      コマンド 説明
      get logical-switch <vni-or-uuid> arp-table

      指定された論理スイッチの ARP テーブルを表示します。

      出力例:
      nsx-controller1> get logical-switch 41866 arp-table
      VNI      IP             MAC             Connection-ID 
      41866 172.16.20.11 00:50:56:b1:70:5e     295422
      
      get logical-switch <vni-or-uuid> connection-table

      指定された論理スイッチの接続を表示します。

      出力例:
      nsx-controller1> get logical-switch 41866 connection-table
      Host-IP           Port   ID
      192.168.110.37   36923 295420
      192.168.210.53   37883 295421
      192.168.210.54   57278 295422
      get logical-switch <vni-or-uuid> mac-table

      指定された論理スイッチの MAC テーブルを表示します。

      出力例:
      nsx-controller1> get logical-switch 41866 mac-table
      VNI     MAC               VTEP-IP        Connection-ID
      41866 00:50:56:86:f2:b2 192.168.250.102   295421
      41866 00:50:56:b1:70:5e 192.168.250.101   295422
      get logical-switch <vni-or-uuid> mac-table

      指定された論理スイッチの統計情報を表示します。

      出力例:
      nsx-controller1> get logical-switch 41866 stats
      update.member 11
      update.vtep 11
      update.mac 4
      update.mac.invalidate 0
      update.arp 7
      update.arp.duplicate 0
      query.mac 2
      query.mac.miss 0
      query.arp 9
      query.arp.miss 6
      get logical-switch <vni-or-uuid> mac-table

      すべての論理スイッチの統計情報のサマリを時系列で表示します。

      出力例:
      nsx-controller1> get logical-switch 41866 stats-sample
      21:00:00 21:10:00 21:20:00 21:30:00 21:40:00
      update.member 0 0 0 0 0
      update.vtep 0 0 0 0 0
      update.mac 0 0 0 0 0
      update.mac.invalidate 0 0 0 0 0
      update.arp 0 0 0 0 0
      update.arp.duplicate 0 0 0 0 0
      query.mac 0 0 0 0 0
      query.mac.miss 0 0 0 0 0
      query.arp 0 0 0 0 0
      query.arp.miss 0 0 0 0 0
      get logical-switch <vni-or-uuid> vtep

      指定された論理スイッチに関連する仮想トンネルのエンドポイントをすべて表示します。

      出力例:
      nsx-controller1> get logical-switch 41866 vtep
      VNI      IP           LABEL    Segment           MAC          Connection-ID
      41866 192.168.250.102 0x8801  192.168.250.0 00:50:56:65:f5:fc 295421
      41866 192.168.250.100 0x1F801 192.168.250.0 02:50:56:00:00:00 295420
      41866 192.168.250.101 0x16001 192.168.250.0 00:50:56:64:7c:28 295422

結果

論理スイッチに接続された最初の仮想マシンが、2 番目の仮想マシンにパケットを送信することができます。