NSX ControllerNSX Manager に追加すると、NSX ManagerNSX Controller が相互に通信可能になります。

前提条件

  • NSX Manager がインストールされていることを確認します。

  • NSX Manager および NSX Controller アプライアンスにログインするための管理者権限を持っていることを確認します。

手順

  1. NSX Manager への SSH セッションを開きます。
  2. NSX Controller アプライアンスへの SSH セッションを開きます。

    たとえば、NSX-Controller1、NSX-Controller2、NSX-Controller3 があるとします。

  3. NSX Managerget certificate api thumbprint コマンドを実行します。
    NSX-Manager> get certificate api thumbprint
    ...
  4. NSX Controller アプライアンスで [join management-plane] コマンドを実行します。
    NSX-Controller1> join management-plane NSX-Manager-IP-address username admin thumbprint <NSX-Manager-thumbprint>
    
    Password for API user: <NSX-Manager-password>
    Node successfully registered and controller restarted

    展開された各 NSX Controller ノードに、このコマンドを実行します。

    このとき、次の情報を指定します。

    • NSX Manager の IP アドレスとオプションでポート番号

    • NSX Manager のユーザー名

    • NSX Manager の証明書サムプリント

    • NSX Manager のパスワード

  5. NSX Controllerget managers コマンドを実行して結果を確認します。
    NSX-Controller1> get managers
    - 192.168.110.47   Connected
  6. NSX Manager アプライアンスで get management-cluster status コマンドを実行して、NSX Controller が表示されることを確認します。
    NSX-Manager> get management-cluster status
    Number of nodes in management cluster: 1
    - 192.168.110.47 (UUID 45A8869B-BB90-495D-8A01-69B5FCC56086) Online
    
    Management cluster status: STABLE
    
    Number of nodes in control cluster: 3
    - 192.168.110.201 (UUID 45A8869B-BB90-495D-8A01-69B5FCC56086)
    - 192.168.110.202 (UUID 45A8869B-BB90-495D-8A01-69B5FCC56086)
    - 192.168.110.203 (UUID 45A8869B-BB90-495D-8A01-69B5FCC56086)

次のタスク

コントロール クラスタを初期化します。「コントロール クラスタの初期化によるコントロール クラスタ マスターの作成」を参照してください。