VMkernel インターフェイスを元に戻す場合は、まず管理カーネル インターフェイスを移行する必要があります。その後で、他のカーネル インターフェイスを N-VDS から VSS または VDS スイッチに移行します。

手順

  1. トランスポート ノードの状態が正常であることを確認します。

    GET /api/v1/transport-nodes/<transportnode-id>/state

  2. vSphere ESXi トランスポート ノードの設定を取得し、"host_switch_spec":"host_switches" 要素内に定義されている物理 NIC を検索します。

    GET /api/v1/transport-nodes/<transportnode-id>

    "pnics": [
    	 { "device_name": "vmnic0",
    	   "uplink_name": "uplink-2"
            },
           { "device_name": "vmnic1",
               "uplink_name": "uplink-1" 
            }
                   ],
    
  3. トランスポート ノードの設定にある "host_switch_spec":"host_switches" 要素から vmnic0 を削除し、管理インターフェイスの移行を準備します。
    "pnics": [
            { "device_name": "vmnic1",
               "uplink_name": "uplink-1" 
            }
                   ],
    
  4. 変更した設定を使用して、管理インターフェイス vmnic0 と vmk0 を N-VDS から VSS または VDS に移行します。

    PUT api/v1/transport-nodes/< transportnode-id>?if_id=vmk0&esx_mgmt_if_migration_dest=<vmk0_port_group_name>

    ここで、<vmk0_port_group> は、論理スイッチに移行する前に vmk0 に割り当てられたポート グループの名前です。

  5. 移行の状態を確認します。

    GET /api/v1/transport-nodes/<transportnode-id>/state

    状態が「SUCCESS」と表示されるまで待ちます。

  6. vSphere ESXi トランスポート ノードの設定を取得します。

    GET /api/v1/transport-nodes/<transportnode-id>

  7. 前述のトランスポート ノードの設定を使用して、vmk1 を N-VDS から VSS または VDS に移行します。

    PUT api/v1/transport-nodes/< transportnode-id>?if_id=vmk1&esx_mgmt_if_migration_dest=<vmk1_port_group>

    ここで、<vmk1_port_group> は、論理スイッチに移行する前に vmk1 に割り当てられたポート グループの名前です。

    注:

    VSS または VDS には関連付けられた物理 NIC がないため、物理 NIC が 1 つ以上搭載された vmk0 または vmk1 を VSS または VDS に移行する必要があります。

  8. トランスポート ノードの状態が正常であることを確認します。

    GET /api/v1/transport-nodes/<transportnode-id>/state.

  9. 移行後の確認を実行して、問題が発生していれば回避します。
    1. VSS または VDS にアップリンク インターフェイスを接続するまでは、管理カーネル インターフェイス vmk0 は移行しないでください。

    2. 確実に vmk0 が vmnic0 から IP アドレスを受信するようにします。受信しない場合は、IP アドレスが変更され、古い IP アドレスを使用しているために vCenter Server のような他のコンポーネントとホスト間の接続が失われている可能性があります。