CSM アプライアンスと NSX Manager を接続して、これらのコンポーネントが相互通信できるようにする必要があります。

前提条件

  • NSX Manager がインストール済みで、NSX Manager にログインするための管理者権限が付与されている必要があります。

  • CSM がインストール済みで、エンタープライズ管理者ロールが CSM に割り当てられている必要があります。

手順

  1. NSX Manager への SSH セッションを開きます。
  2. NSX Managerget certificate api thumbprint コマンドを実行します。
    NSX-Manager> get certificate api thumbprint

    コマンドの出力は、この NSX Manager に固有の一連の数値です。

  3. エンタープライズ管理者ロールで CSM にログインします。
  4. [システム] > [設定] の順にクリックします。次に、[関連付けられた NSX ノード] パネルの [設定] をクリックします。
    注:

    これらの詳細は、CSM セットアップ ウィザードを使用する際にも指定できます。セットアップ ウィザードは CSM の初回インストール時に使用できます。

  5. NSX Manager の詳細を入力します。

    オプション

    説明

    NSX Manager のホスト名

    NSX Manager の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します(分かっている場合)。NSX Manager の IP アドレスを入力することもできます。

    管理者認証情報

    エンタープライズ管理者ロールを持ったユーザー名とパスワードを入力します。

    NSX Manager のサムプリント

    手順 2 で取得した NSX Manager のサムプリント値を入力します。

  6. [接続] をクリックします。

    CSM は、NSX Manager のサムプリントを確認して、接続を確立します。