NSX Edge を管理プレーンに追加すると、NSX ManagerNSX Edge が相互に通信できるようになります。

前提条件

NSX Edge および NSX Manager アプライアンスにログインするための管理者権限を持っていることを確認します。

手順

  1. NSX Manager アプライアンスへの SSH セッションを開きます。
  2. NSX Edge への SSH セッションを開きます。
  3. NSX Manager アプライアンスで get certificate api thumbprint コマンドを実行します。

    コマンド出力は、この NSX Manager に固有の一連の英数字です。

    次はその例です。

    NSX-Manager1> get certificate api thumbprint
    ...
    
  4. NSX Edge[join management-plane] コマンドを実行します。

    このとき、次の情報を指定します。

    • NSX Manager のホスト名または IP アドレスとオプションでポート番号

    • NSX Manager のユーザー名

    • NSX Manager の証明書サムプリント

    • NSX Manager のパスワード

    NSX-Edge1> join management-plane NSX-Manager1 username admin thumbprint <NSX-Manager1's-thumbprint>
    Password for API user: <NSX-Manager1's-password>
    Node successfully registered and Edge restarted
    

    このコマンドを各 NSX Edge ノードで繰り返します。

タスクの結果

NSX Edgeget managers コマンドを実行して結果を確認します。

nsx-edge-1> get managers
- 192.168.110.47   Connected

NSX Manager UI で、NSX Edge[ファブリック] > [ノード] > [Edge] 画面に表示されます。NSX Manager の接続状態は「稼動中」になります。NSX Manager の接続状態が「稼動中」ではない場合は、ブラウザ画面を更新します。

次のタスク

NSX Edge をトランスポート ノードとして追加します。「NSX Edge トランスポート ノードの作成」を参照してください。