NSX-T Data Center 環境内に最初の NSX Controller をインストールしたら、コントロール クラスタを初期化できます。コントロール クラスタの初期化は、コントローラ ノードが 1 台のみの小規模な POC(事前検証)環境を構成する場合にも必要です。コントロール クラスタが初期化されないと、コントローラはハイパーバイザー ホストと通信できません。クラスタでは、1 つのコントローラのみを初期化する必要があります。

前提条件

  • NSX Controller を 1 つ以上インストールします。

  • NSX Controller を管理プレーンに追加します。

  • NSX Controller アプライアンスにログインするための管理者権限を持っていることを確認します。

  • 共有 Secret パスワードを割り当てます。共有 Secret パスワードは、ユーザー定義の共有 Secret パスワード(たとえば「secret123」)です。

手順

  1. NSX Controller 用に SSH セッションを開きます。
  2. set control-cluster security-model shared-secret secret <secret> コマンドを実行し、プロンプトが表示されたら共有 Secret を入力します。
  3. initialize control-cluster コマンドを実行します。

    このコマンドによって、このコントローラがコントロール クラスタ マスターになります。

    次はその例です。

    NSX-Controller1> initialize control-cluster 
    Control cluster initialization successful.
    
  4. get control-cluster status verbose コマンドを実行します。

    is masterin majoritytrue、ステータスが activeZookeeper Server IPreachable, ok であることを確認します。

    nsx-controller1> get control-cluster status verbose
    NSX Controller Status:
    
    uuid: 78d5b561-4f66-488d-9e53-089735eac1c1
    is master: true
    in majority: true
    uuid                                 address              status
    78d5b561-4f66-488d-9e53-089735eac1c1 192.168.110.34       active
    
    Cluster Management Server Status:
    
    uuid                                 rpc address          rpc port             global id            vpn address          status
    557a911f-41fd-4977-9c58-f3ef55b3efe7 192.168.110.34       7777                 1                    169.254.1.1             connected
    
    Zookeeper Ensemble Status:
    
    Zookeeper Server IP: 10.0.0.1, reachable, ok
    Zookeeper version: 3.5.1-alpha--1, built on 03/08/2016 01:18 GMT
    Latency min/avg/max: 0/0/1841
    Received: 212095
    Sent: 212125
    Connections: 5
    Outstanding: 0
    Zxid: 0x10000017a
    Mode: leader
    Node count: 33
    Connections: /10.0.0.1:51726[1](queued=0,recved=60324,sent=60324,sid=0x100000f14a10003,lop=PING,est=1459376913497,to=30000,lcxid=0x8,lzxid=0x10000017a,lresp=604617273,llat=0,minlat=0,avglat=0,maxlat=1088)
     /10.0.0.1:35462[0](queued=0,recved=1,sent=0)
     /10.0.0.1:51724[1](queued=0,recved=45786,sent=45803,sid=0x100000f14a10001,lop=GETC,est=1459376911226,to=40000,lcxid=0x21e,lzxid=0x10000017a,lresp=604620658,llat=0,minlat=0,avglat=0,maxlat=1841)
     /10.0.0.1:51725[1](queued=0,recved=60328,sent=60333,sid=0x100000f14a10002,lop=PING,est=1459376913455,to=30000,lcxid=0xc,lzxid=0x10000017a,lresp=604618294,llat=0,minlat=0,avglat=0,maxlat=1356)
     /10.0.0.1:51730[1](queued=0,recved=45315,sent=45324,sid=0x100000f14a10006,lop=PING,est=1459376914516,to=40000,lcxid=0x49,lzxid=0x10000017a,lresp=604623243,llat=0,minlat=0,avglat=0,maxlat=1630)
    

次のタスク

コントロール クラスタにさらに NSX Controller を追加します。「クラスタ マスターを使用した NSX Controller の追加」を参照してください。