PCG を Microsoft Azure サブスクリプションに展開するには、次の手順を実行します。

手順

  1. エンタープライズ管理者ロールを持つアカウントを使用して、CSM にログインします。
  2. [クラウド] > [Azure] をクリックし、[VNet] タブに移動します。
  3. PCG を展開する VNet をクリックします。
  4. [ゲートウェイの展開] をクリックします。[プライマリ ゲートウェイの展開] ウィザードが開きます。
  5. 一般的なプロパティについては、次のガイドラインを考慮します。

    オプション

    説明

    SSH パブリック キー

    PCG の展開で検証でするための SSH パブリック キーを指定します。これは、PCG の展開ごとに必要です。

    関連付けられている VNet の検疫ポリシー

    PCG を初めて展開する場合は、デフォルトの[無効]モードのままにします。この値は、仮想マシンのオンボーディング後に変更できます。詳細については、『NSX-T Data Center 管理ガイド』の「[検疫ポリシーの管理]」を参照してください。

    ローカル ストレージ アカウント

    CSM に Microsoft Azure サブスクリプションを追加すると、Microsoft Azure ストレージ アカウントのリストが CSM で使用できるようになります。ドロップダウン メニューからストレージ アカウントを選択します。PCG の展開で CSM は、パブリックに使用可能な PCG の仮想ハードディスク (VHD) を、選択したリージョンのストレージ アカウントにコピーします。

    注:

    前回の PCG の展開で、仮想ハードディスク イメージをリージョン内の該当のストレージ アカウントにコピーしている場合、以降の展開では、この場所のイメージが使用して展開時間を短縮します。

    仮想ハードディスクの URL

    公開されている VMware のリポジトリで提供されない別の PCG イメージを使用する場合は、PCG の仮想ハードディスクの URL をここに入力できます。仮想ハードディスクは、この VNet が作成された同じアカウントと同じリージョンに配置されている必要があります。

    プロキシ サーバ

    この PCG からインターネットに向かうトラフィックで使用するプロキシ サーバを選択します。プロキシ サーバは CSM で構成されます。CSM と同じプロキシ サーバがある場合はそれを選択するか、CSM とは異なるプロキシ サーバを選択するか、または [プロキシ サーバなし] を選択できます。

    CSM でプロキシ サーバを構成する方法の詳細については、(オプション)プロキシ サーバの設定 を参照してください。

    詳細

    DNS の詳細設定を使用すると、NSX-T Data Center 管理コンポーネントを解決するための DNS サーバを柔軟に選択できます。

    パブリック クラウド プロバイダを DHCP 経由で取得

    Microsoft Azure の DNS 設定を使用する場合は、このオプションを選択します。DNS 設定を上書きするオプションを選択していない場合は、これがデフォルトの DNS 設定になります。

    パブリック クラウド プロバイダの DNS サーバ情報の変更

    1 台または複数の DNS サーバの IP アドレスを手動で指定して、NSX-T Data Center アプライアンスと、この VNet 内のワークロード仮想マシンを解決する場合は、このオプションを選択します。

    NSX-T Data Center アプライアンスにのみパブリック クラウド プロバイダの DNS サーバを使用

    Microsoft Azure の DNS サーバを使用して NSX-T Data Center 管理コンポーネントを解決するには、このオプションを選択します。この設定では、2 台の DNS サーバを使用できます。1 台は NSX-T Data Center アプライアンスを解決する PCG 用で、もう 1 台は、この VNet 内のワークロード仮想マシンを解決する VNet 用です。

  6. [次へ] をクリックします。
  7. [サブネット] では、次のガイドラインを考慮します。

    オプション

    説明

    NSX クラウド ゲートウェイの HA の有効化

    高可用性を有効にするには、このオプションを選択します。

    サブネット

    高可用性を有効にするには、このオプションを選択します。

    管理 NIC のパブリック IP アドレス

    [新しい IP アドレスの割り当て] を選択して、管理 NIC にパブリック IP アドレスを指定します。空いているパブリック IP アドレスを再利用する場合は、パブリック IP アドレスを手動で指定できます。

    アップリンク NIC のパブリック IP アドレス

    [新しい IP アドレスの割り当て] を選択して、アップリンク NIC にパブリック IP アドレスを指定します。空いているパブリック IP アドレスを再利用する場合は、パブリック IP アドレスを手動で指定できます。

次のタスク

ワークロード仮想マシンをオンボーディングします。Day-N ワークフローについては、NSX-T Data Center 管理ガイドの「[ワークロード仮想マシンのオンボーディングと管理]」を参照してください。