信頼性の高い HTTP プロキシを介してインターネットに向かうすべての HTTP/HTTPS トラフィックをルーティングして監視する場合は、CSM で最大 5 台のプロキシ サーバを構成できます。

PCG および CSM からのすべてのパブリック クラウド通信は、選択したプロキシ サーバを介してルーティングされます。

PCG のプロキシ設定は CSM のプロキシ設定とは独立しています。PCG にプロキシ サーバを設定しないか、または異なるプロキシ サーバを設定することができます。

次のレベルの認証を選択できます。

  • 認証情報ベースの認証。

  • HTTPS インターセプトの証明書ベースの認証。

  • 認証なし。

手順

  1. [システム] > [設定] の順にクリックします。次に、[プロキシ サーバ] パネルの [設定] をクリックします。
    注:

    これらの詳細は、CSM セットアップ ウィザードを使用する際にも指定できます。セットアップ ウィザードは CSM の初回インストール時に使用できます。

  2. プロキシ サーバの設定画面で、次の詳細を入力します。

    オプション

    説明

    デフォルト

    このラジオ ボタンは、デフォルトのプロキシ サーバを指定する場合に使用します。

    プロファイル名

    プロキシ サーバ プロファイルの名前を指定します。このオプションは必須です。

    プロキシ サーバ

    プロキシ サーバの IP アドレスを入力します。このオプションは必須です。

    ポート

    プロキシ サーバのポートを入力します。このオプションは必須です。

    認証

    任意。追加認証を設定する場合は、このチェック ボックスを選択して、有効なユーザー名とパスワードを入力します。

    ユーザー名

    [認証] チェック ボックスを選択した場合は、必須です。

    パスワード

    [認証] チェック ボックスを選択した場合は、必須です。

    証明書

    任意。HTTPS インターセプトの認証証明書を指定する場合は、このチェックボックスを選択して、表示されたテキスト ボックスに証明書をコピーして貼り付けします。

    プロキシなし

    設定されているプロキシ サーバのいずれも使用しない場合は、このオプションを選択します。