アップリンク プロファイルでは、ハイパーバイザー ホストから NSX-T Data Center 論理スイッチまたは NSX Edge ノードからトップオブラック スイッチへのリンクのポリシーを定義します。

アップリンク プロファイルでは、チーミング ポリシー、アクティブ/スタンバイ リンク、トランスポート VLAN ID、MTU 設定などを定義します。

アップリンク プロファイルを使用することで、複数のホストやノードのネットワーク アダプタに同じ機能を設定できます。アップリンク プロファイルは、ネットワーク アダプタに設定するプロパティや機能のコンテナです。ネットワーク アダプタごとに個別にプロパティや機能を設定するのではなく、アップリンク プロファイルで機能を指定できます。これは、NSX-T Data Center のトランスポート ノードを作成するときに適用できます。

仮想マシン/アプライアンス ベースの NSX Edge では、スタンバイ アップリンクはサポートされません。仮想アプライアンスとして NSX Edge をインストールする場合は、デフォルトのアップリンク プロファイルを使用します。仮想マシン ベースの NSX Edge 向けに作成された各アップリンク プロファイルは、1 つのアクティブ アップリンクを指定し、スタンバイ アップリンクは指定しません。

注:

異なる VLAN を使用してアップリンクごとに別の N-VDS を作成する場合は、NSX Edge 仮想マシンで複数のアップリンクを設定できます。アップリンクごとに個別の VLAN トランスポート ゾーンが必要です。これは、複数の ToR スイッチに接続する単一の NSX Edge ノードをサポートするための機能です。

前提条件

  • NSX Edge ネットワークについて理解しておく必要があります。「NSX Edge のネットワーク設定」を参照してください。

  • アップリンク プロファイル内の各アップリンクは、ハイパーバイザー ホストまたは NSX Edge ノードの、稼動中で使用可能な物理リンクに対応している必要があります。

    たとえば、ハイパーバイザー ホストで稼動中の物理リンクとして、vmnic0 と vmnic1 の 2 つがあるとします。vmnic0 は管理ネットワークとストレージ ネットワークに使用され、vmnic1 は未使用であるとします。この場合、vmnic1 を NSX-T Data Center のアップリンクとして使用できますが、vmnic0 は使用できません。リンクのチーミングを行うには、vmnic1 と vmnic2 など、未使用の物理リンクが 2 つ必要です。

    NSX Edge については、トンネル エンドポイントと VLAN アップリンクに同じ物理リンクを使用できます。たとえば、vmnic0/eth0/em0 を管理ネットワークに使用し、vmnic1/eth1/em1 を fp-ethX リンクに使用することが可能です。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ファブリック] > [プロファイル] > [アップリンク プロファイル] の順に選択し、[追加] をクリックします。
  3. アップリンク プロファイルの詳細を入力します。

    オプション

    説明

    名前

    アップリンク プロファイルの名前を入力します。

    説明

    オプションで、アップリンク プロファイルの説明を追加します。

    LAG

    (オプション)トランスポート ネットワークに Link Aggregation Control Protocol (LACP) を使用するリンク アグリゲーション グループ (LAG)。

    注:

    LACP の場合、複数の LAG は KVM ホストでサポートされません。

    アクティブなアップリンクの名前を含むカンマ区切りのリストを追加します。

    スタンバイ アップリンクの名前を含むカンマ区切りのリストを追加します。作成するアクティブ アップリンクとスタンバイ アップリンクの名前には、物理リンクを表す任意のテキストを指定できます。これらのアップリンク名は、後でトランスポート ノードを作成するときに参照します。トランスポート ノードのユーザー インターフェイス/API で、各アップリンク名に対応する物理リンクを指定できます。

    LAG ハッシュ メカニズムで使用可能なオプション。

    • 送信元の MAC アドレス

    • 宛先の MAC アドレス

    • 送信元および宛先の MAC アドレス

    • 送信元および宛先の IP アドレスおよび VLAN

    • 送信元および宛先の MAC アドレス、IP アドレス、TCP/UDP ポート

    チーミング

    [チーミング] セクションで [追加] をクリックして、詳細を入力します。チーミング ポリシーは、N-VDS で冗長性とトラフィックのロード バランシングのためにアップリンクをどのように使用するかを定義します。チーミング ポリシーは、2 つのチーミング ポリシー モードで設定できます。

    • [フェイルオーバー順序]:1 つのアクティブ アップリンクと、オプションでスタンバイ アップリンクのリストを指定します。アクティブ アップリンクに障害が発生した場合、スタンバイ リスト内の次のアップリンクで置き換えられます。このオプションでは、ロード バランシングは実際には実行されません。

    • [ロード バランシング ソース]:アクティブ アップリンクのリストを指定し、トランスポート ノード上の各インターフェイスを 1 つのアクティブ アップリンクに固定します。この構成では、同時に複数のアクティブ アップリンクを使用できます。

    注:

    KVM ホストでサポートされるのは、フェイルオーバーの順序のチーミング ポリシーのみです。ロード バランシングの送信元のチーミング ポリシーはサポートされていません。

    (ESXi ホストのみ)トランスポート ゾーンに次のポリシーを定義できます。

    • スイッチに設定された論理スイッチごとの名前付きチーミング ポリシー。

    • スイッチ全体のデフォルトのチーミング ポリシー。

    名前付きのチーミング ポリシー︰名前付きのチーミング ポリシーを使用すると、論理スイッチごとに特定のチーミング ポリシー モードおよびアップリンクを定義できます。このポリシー タイプにより、バンド幅の要件に応じてアップリンクを柔軟に選択できるようになります。

    • 名前付きのチーミング ポリシーを定義すると、N-VDS は、接続されているトランスポート ゾーンおよびホスト内の論理スイッチによって指定された場合に、その名前付きチーミング ポリシーを使用します。

    • 名前付きのチーミング ポリシーを定義しない場合、N-VDS はデフォルトのチーミング ポリシーを使用します。

  4. トランスポート VLAN の値を入力します。
  5. MTU 値を入力します。

    デフォルト値は 1600 です。

タスクの結果

ユーザー インターフェイスに加え、GET /api/v1/host-switch-profiles API 呼び出しでアップリンク プロファイルを表示することもできます。

{
  "result_count": 2,
  "results": [
    {
      "resource_type": "UplinkHostSwitchProfile",
      "id": "16146a24-122b-4274-b5dd-98b635e4d52d",
      "display_name": "comp-uplink",
      "transport_vlan": 250,
      "teaming": {
        "active_list": [
          {
            "uplink_type": "PNIC",
            "uplink_name": "uplink-1"
          }
        ],
       	"standby_list" : [ { 
            "uplink_name" : "uplink-2", 
            "uplink_type" : "PNIC" 
         } ],
        "policy": "FAILOVER_ORDER"
      },
      "mtu": 1600,
      "_last_modified_time": 1457984399526,
      "_create_time": 1457984399526,
      "_last_modified_user": "admin",
      "_system_owned": false,
      "_create_user": "admin",
      "_revision": 0
    },
    {
      "resource_type": "UplinkHostSwitchProfile",
      "id": "c9e35cec-e9d9-4c51-b52e-17a5c1bd9a38",
      "display_name": "vlan-uplink",
      "transport_vlan": 100,
      "teaming": {
        "active_list": [
          {
            "uplink_type": "PNIC",
            "uplink_name": "uplink-1"
          }
        ],
        "standby_list": [],
        "policy": "FAILOVER_ORDER"
      },
      "named_teamings": [ 
         { 
          "active_list": [ 
         { 
          "uplink_type": "PNIC", 
          "uplink_name": "uplink-2" 
          } 
					    ], 
	       "standby_list": [ 
         { 
		        "uplink_type": "PNIC", 
          "uplink_name": "uplink-1" 
          } 
           ], 
        "policy": "FAILOVER_ORDER", 
         "name": "named teaming policy" 
             } 
            ]
						"mtu": 1600,
      "_last_modified_time": 1457984399574,
      "_create_time": 1457984399574,
      "_last_modified_user": "admin",
      "_system_owned": false,
      "_create_user": "admin",
      "_revision": 0
    }
  ]
}

次のタスク

トランスポート ゾーンを作成します。「トランスポート ゾーンの作成」を参照してください。