スクリプトによって生成される値を使用して、AWS アカウントを追加します。

手順

  1. エンタープライズ管理者ロールで CSM にログインします。
  2. [CSM] > [クラウド] > [AWS] の順に移動します。
  3. [+(追加)] をクリックし、NSX Cloud スクリプトから生成された出力ファイル aws_details.txt を使用して、次の詳細を入力します。

    オプション

    説明

    名前

    この AWS アカウントのわかりやすい名前を入力します。

    アクセス キー

    アカウントのアクセス キーを入力します。

    プライベート キー

    アカウントのプライベート キーを入力します。

    クラウド タグ

    デフォルトではこのオプションが有効になっており、AWS タグを NSX Manager に表示することができます。

    ゲートウェイ ロール名

    デフォルト値は nsx_pcg_service です。aws_details.txt ファイル内のスクリプトの出力で、この値を確認できます。

タスクの結果

AWS アカウントが CSM に追加されます。

CSM の [VPC] タブで、AWS アカウントのすべての Virtual Private Cloud (VPC) を表示できます。

CSM の [インスタンス] タブで、この VPC 内の EC2 インスタンスを表示できます。

次のタスク

Amazon VPC での PCG の展開