他のすべてのカーネル インターフェイスを移行したら、管理カーネル インターフェイスの移行に進みます。管理カーネル インターフェイスを移行する際は、vmnic0 と vmk0 を VSS または VDS から N-VDS に移動します。

これにより、物理アップリンク vmnic0 と vmk0 を 1 つのステップでまとめて N-VDS に移行できます。vmnic0 がそのアップリンクの 1 つとして構成されるように、トランスポート ノードの設定を変更します。

注:

アップリンク vmnic0 とカーネル インターフェイス vmk0 を別々に移行する場合は、まず vmk0 を移行し、その後 vmnic0 を移行します。最初に vmnic0 を移行すると、vmk0 はバッキング アップリンクがない状態で VSS または VDS に残り、ホストへの接続が失われます。

前提条件

  • 移行済みの vmknic への接続を確認します。N-VDS への VMkernel インターフェイスの移行を参照してください。

  • vmk0 と vmk1 で別の VLAN を使用している場合は、PNIC vmnic0 と vmnic1 に接続されている物理スイッチのトランク VLAN を、両方の VLAN をサポートするように設定する必要があります。

  • ストレージ VLAN によってバッキングされる論理スイッチの vmk1 インターフェイスと、vMotion VLAN によってバッキングされる論理スイッチの vmk2 インターフェイスに、外部デバイスがアクセスできることを確認します。

手順

  1. (オプション)VSS または VDS に 2 つ目の管理カーネル インターフェイスを作成し、この新しく作成されたインターフェイスを N-VDS に移行します。
  2. (オプション)外部デバイスで、テスト管理インターフェイスへの接続を確認します。
  3. vmk0(管理インターフェイス)と vmk1(ストレージ インターフェイス)で別の VLAN を使用している場合は、VSS または VDS 上の vmk0 で使用される VLAN ID に一致する VLAN ID を持つ VLAN トランスポート ゾーンに、VLAN にバッキングされる論理スイッチを作成します。
  4. vSphere ESXi トランスポート ノードの設定を取得します。

    GET /api/v1/transport-nodes/<transportnode-id>

    <transportnode-id> はトランスポート ノードの UUID です。

  5. 設定の host_switch_spec:host_switches 要素で、pnics テーブルに vmnic0 を追加し、それを専用のアップリンク、uplink-2 に割り当てます。
    注:

    VMkernel インターフェイスを移行中に、vmnic1 を uplink-1 に割り当てました。移行を成功させ、移行後にホストにアクセスできるようにするためには、vmnic0(管理インターフェイス)を専用のアップリンクに割り当てる必要があります。

    "pnics": [      {
                        "device_name": "vmnic0",
                        "uplink_name": "uplink-2"
                    },
                    {
                        "device_name": "vmnic1",
                        "uplink_name": "uplink-1"
                    }
    		],
    
  6. 更新された設定を使用して、管理カーネル インターフェイス vmk0 を N-VDS に移行します。

    PUT api/v1/transport-nodes/< transportnode-id>if_id=<vmk>&esx_mgmt_if_migration_dest=<network>

    <transportnode-id> はトランスポート ノードの UUID です。<vmk> は VMkernel 管理インターフェイス vmk0 の名前です。<Network> は移行先の論理スイッチの UUID です。

  7. 移行が正常に終了したことを確認します。

    GET /api/v1/transport-nodes/<transportnode-id>/state

    移行の状態が SUCCESS と表示されるまで待ちます。vCenter Server で、カーネル アダプタが新しい論理スイッチ名を表示するように設定されていることを確認できます。

次のタスク

カーネル インターフェイスと管理インターフェイスの移行を N-VDS から VSS または VDS スイッチに戻すように選択することもできます。