NSX-T Data Center API を使用する場合は、必ずすべてのカーネル インターフェイスを移行してから、管理インターフェイスを移行してください。

ホストの 2 つのアップリンクがそれぞれの物理 NIC に接続されているとします。この手順ではまず、ストレージのカーネル インターフェイス vmk1 を N-VDS へ移行するところから開始します。このカーネル インターフェイスが N-VDS に正常に移行された後で、管理カーネル インターフェイスを移行できます。

NSX-T Data Center API ガイド を参照してください。

前提条件

  • 物理ネットワーク インフラストラクチャによって提供される LAN 接続が、vmnic0 と vmnic1 の間で同じであることを確認します。

  • 未使用の物理 NIC である vmnic1 に、vmnic0 とのレイヤー 2 接続があることを確認します。

  • この移行に含まれるすべての VMkernel インターフェイスが同じネットワークに属していることを確認します。異なるネットワークに接続されているアップリンクに VMkernel を移行すると、ホストがアクセスできなくなったり、ホストが機能しなくなる可能性があります。

手順

  1. OVERLAY トランスポート ゾーンで使用される N-VDS の host_switch_name を持つように、VLAN トランスポート ゾーンを作成します。
  2. VSS または VDS 上の vmk1 で使用される VLAN ID に一致する VLAN ID を持つ VLAN トランスポート ゾーンに、VLAN にバッキングされる論理スイッチを作成します。
  3. VLAN トランスポート ゾーンに vSphere ESXi トランスポート ノードを追加します。
  4. vSphere ESXi トランスポート ノードの設定を取得します。

    GET /api/v1/transport-nodes/<transportnode-id>

    <transportnode-id> はトランスポート ノードの UUID です。

  5. vmk1 を N-VDS に移行します。

    PUT https://<NSXmgr>/api/v1/transport-nodes/<transportnode-id> ?if_id=<vmk>&esx_mgmt_if_migration_dest=<network>

    <transportnode-id> はトランスポート ノードの UUID です。<vmk> は VMkernel インターフェイス vmk1 の名前です。<network> は移行先の論理スイッチの UUID です。

  6. 移行が正常に終了したことを確認します。

    GET /api/v1/transport-nodes/<transportnode-id>/state

    移行の状態が SUCCESS と表示されるまで待ちます。vCenter Server で VMkernel インターフェイスの移行の状態を確認することもできます。

タスクの結果

VMkernel インターフェイスが VSS または VDS から N-VDS スイッチに移行されました。

次のタスク

残りの VMkernel インターフェイスおよび VSS または VDS の管理カーネル インターフェイスを N-VDS に移行できます。