VMkernel インターフェイスの移行を VSS または VDS スイッチに戻すには、ESXi ホスト上にポート グループがあることを確認します。

NSX-T Data Center で VMkernel インターフェイスを N-VDS スイッチから VSS または VDS スイッチに移行するには、ポート グループが必要です。ポート グループは、これらのインターフェイスを VSS または VDS スイッチに移行するよう求めるネットワーク要求を受け入れます。この移行に参加するポート メンバーは、バンド幅およびポリシー設定に基づいて決定されます。

VMkernel 移行を VSS または VDS スイッチに戻す前に、VMkernel インターフェイスが機能していて、N-VDS スイッチ上で接続が稼動中であることを確認します。

前提条件

  • vSphere ESXi サーバ上にポート グループがあります。

手順

  1. NSX Manager UI で、[ファブリック] -> [ノード] -> [トランスポート ノード] の順に移動します。
  2. トランスポート ノードを選択して、[アクション] -> [ESX の VMkernel アダプタおよび物理アダプタの移行] の順にクリックします。
  3. [ポート グループに移行] を選択します。
  4. N-VDS スイッチを選択します。
  5. VMkernel アダプタおよび関連する論理スイッチを追加します。
  6. VMkernel インターフェイスに対応する物理アダプタを追加します。1 つ以上の物理アダプタが VSS または VDS スイッチに接続していることを確認します。
  7. [保存] をクリックします。
  8. [続行] をクリックして移行を開始します。
  9. NSX Manager から vmnic0 および vmk0 への接続をテストします。
  10. または、vCenter Server で、VMkernel アダプタが VSS または VDS スイッチに関連付けられていることを確認します。

タスクの結果

VMkernel インターフェイスおよび対応する物理アダプタが N-VDS に移行されます。

次のタスク

API を使用して VMkernel インターフェイスを移行することができます。「API を使用した N-VDS へのカーネル インターフェイスの移行」を参照してください。