NSX Edge のマルチノード クラスタがあると、1 つ以上の NSX Edge が常に使用可能になります。NAT やロード バランサなどのステートフル サービスを使用して Tier-0 論理ルーターまたは Tier-1 ルーターを作成するには、それを NSX Edge クラスタに関連付ける必要があります。そのため、NSX Edge が 1 つしかない場合でも、NSX Edge クラスタに属する必要があります。

1 台の NSX Edge トランスポート ノードは 1 つの NSX Edge クラスタにのみ追加できます。

1 つの NSX Edge クラスタを使用して複数の論理ルーターをバッキングできます。

NSX Edge クラスタの作成した後、これを編集して NSX Edge を追加できます。

前提条件

  • 1 台以上の NSX Edge ノードを追加します。

  • NSX Edge を管理プレーンに追加します。

  • NSX Edge をトランスポート ノードとして追加します。

  • オプションで、高可用性 (HA) 用に NSX Edge クラスタ プロファイルを作成します([ファブリック] > [プロファイル] > [Edge クラスタ プロファイル])。デフォルトの NSX Edge クラスタ プロファイルを使用することもできます。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ファブリック] > [ ノード] > [Edge クラスタ] > [追加] の順に移動します。
  3. NSX Edge クラスタ名を入力します。
  4. NSX Edge クラスタ プロファイルを選択します。
  5. [編集] をクリックし、[物理マシン] または [仮想マシン] を選択します。

    「物理マシン」は、ベアメタル上にインストールされている NSX Edge を意味します。「仮想マシン」は、仮想マシン/アプライアンスとして配置されている NSX Edge を意味します。

  6. 仮想マシンの場合、[メンバーのタイプ] ドロップダウン メニューから NSX Edge ノードまたは [Public Cloud Gateway ノード] のいずれかを選択します。

    仮想マシンがパブリック クラウド環境に展開されている場合、Public Cloud Gateway を選択します。それ以外の場合には、NSX Edge ノードを選択します。

  7. [使用可能] 列から NSX Edge を選択し、右矢印をクリックして [選択済み] 列に移動します。

次のタスク

これで、論理ネットワーク トポロジを構築してサービスを設定できるようになります。『NSX-T Data Center 管理ガイド』を参照してください。