NSX-T Data Center Manager UI を使用すると、VSS または VDS から N-VDS スイッチに管理インターフェイスを含むすべてのカーネル インターフェイスを移行できます。

この例では、2 つの物理アダプタ vmnic0 と vmnic1 を持つ vSphere ESXi ホストについて考えてみます。ホスト上のデフォルトの VSS または VDS スイッチには、vmnic0 にマッピングされた単一アップリンクが設定されています。VSS または VDS には、ノード上で管理トラフィックを実行するための VMkernel インターフェイス vmk0 も設定されています。この例の目的は、vmnic0 および vmk0 を N-VDS スイッチに移行することです。

ホストの準備の一環として、管理トラフィックと仮想マシンのトラフィックをそれぞれ実行する VLAN トランスポート ゾーンとオーバーレイトランスポート ゾーンが作成されます。また、N-VDS スイッチも作成され、アップリンクが vmnic1 にマッピングされた状態で設定されます。移行後、NSX-T Data Center は vmnic0 と vmk0 の両方を VSS または VDS からノード上の N-VDS スイッチに移行します。

前提条件

  • 物理ネットワーク インフラストラクチャによって提供される LAN 接続が、vmnic0 と vmnic1 の間で同じであることを確認します。

  • 未使用の物理 NIC である vmnic1 に、vmnic0 とのレイヤー 2 接続があることを確認します。

  • この移行に含まれるすべての VMkernel インターフェイスが同じネットワークに属していることを確認します。異なるネットワークに接続されているアップリンクに VMkernel を移行すると、ホストがアクセスできなくなったり、ホストが機能しなくなる可能性があります。

手順

  1. NSX Manager UI で、[ファブリック] -> [プロファイル] -> [アップリンク プロファイル] の順に移動します。
  2. アクティブ アップリンクとして vmnic0 を、パッシブ アップリンクとして vmnic1 を使用して、アップリンク プロファイルを作成します。
  3. [ファブリック] -> [トランスポート ゾーン] -> [追加] の順に移動します。
  4. 仮想マシン トラフィックおよび管理トラフィックをそれぞれ処理するためのオーバーレイ トランスポート ゾーンおよび VLAN トランスポート ゾーンを作成します。
    注:

    VLAN トランスポート ゾーンとオーバーレイ トランスポート ゾーンで使用される N-VDS 名は同じにする必要があります。

  5. [ファブリック] -> [ノード] -> [トランスポート ノード] の順に移動します。
  6. トランスポート ノードに両方のトランスポート ゾーンを追加します。
  7. N-VDS タブで、N-VDS で使用されるアップリンク、物理アダプタを定義して N-VDS を追加します。

    トランスポート ノードは、単一のアップリンクを介してトランスポート ゾーンに接続されます。

  8. 移行後に vmk0 および vmnic0 が VLAN トランスポート ゾーンに接続されるようにするには、該当する VLAN トランスポート ゾーンの論理スイッチを作成します。
  9. トランスポート ノードを選択して、[アクション] -> [ESX の VMkernel アダプタおよび物理アダプタの移行] の順にクリックします。
  10. [論理スイッチに移行] を選択します。
  11. N-VDS スイッチを選択します。
  12. VMkernel アダプタおよび関連する論理スイッチを追加します。
  13. VMkernel インターフェイスに対応する物理アダプタを追加します。1 つ以上の物理アダプタが VSS または VDS スイッチ上に残っていることを確認します。
  14. [保存] をクリックします。
  15. [続行] をクリックして移行を開始します。
  16. NSX Manager から vmnic0 および vmk0 への接続をテストします。
  17. または、vCenter Server で、VMkernel アダプタが NSX-T Data Center スイッチに関連付けられていることを確認します。

タスクの結果

VMkernel インターフェイスおよび対応する物理アダプタが N-VDS に移行されます。

次のタスク

VSS または VDS スイッチに VMkernel の移行を戻すことができます。