NSX-T Data Center を完全にアンインストールするか、NSX-T Data Center からハイパーバイザー ホストを削除して NSX-T Data Center オーバーレイでホストが動作しないようにするには、次の手順を実行します。

次の手順で、NSX-T Data Center のクリーン アンインストールを実行します。

前提条件

仮想マシン管理ツールが vCenter Server の場合は、vSphere ホストをメンテナンス モードに切り替えます。

手順

  1. NSX Manager[ファブリック] > [ノード] > [トランスポート ノード] の順に選択し、ホスト トランスポート ノードを削除します。

    トランスポート ノードを削除すると、ホストから N-VDS が削除されます。これは、次のコマンドを実行して確認できます。

    [root@host:~] esxcli network vswitch dvs vmware list

    KVM の場合、コマンドは次のようになります。

    ovs-vsctl show
  2. NSX Manager の CLI で、NSX-T Data Center install-upgrade サービスが実行されていることを確認します。
    nsx-manager-1> get service install-upgrade
    Service name: install-upgrade
    Service state: running
    Enabled: True
  3. 管理プレーンからホストをアンインストールして、NSX-T Data Center モジュールを削除します。

    すべての NSX-T Data Center モジュールが削除されるまで、最大で 5 分程度かかる場合があります。

    NSX-T Data Center モジュールを削除する方法は複数あります。

    • NSX Manager で、[ファブリック] > [ノード] > [ホスト] > [削除] の順に選択します。

      [NSX コンポーネントのアンインストール] が選択されていることを確認します。これによって NSX-T Data Center モジュールがホストからアンインストールされます。

      RHEL 7.4 と依存関係にあるパッケージ、json_spirit、python-greenlet、libev、protobuf、leveldb、python-gevent、python-simplejson、glog を削除します。

      Ubuntu 16.04.x と依存関係にあるパッケージ、nicira-ovs-hypervisor-node、openvswitch-switch、openvswitch-datapath-dkms、openvswitch-pki、python-openvswitch、openvswitch-common、libjson-spirit を削除します。

      [ファブリック] > [ノード] > [ホスト] > [削除] の順に選択しても、[NSX コンポーネントのアンインストール] オプションが選択されていないと、ホストの登録は解除されません。ホストの状態に問題がある場合は、回避策として、このオプションを選択解除します。

    • (コンピュート マネージャによって管理されるホスト)NSX Manager で、[ファブリック] > [ノード] > [ホスト] > [トランスポート ノード] > [ホストの削除] の順に選択します。

      NSX Manager で、[ファブリック] > [ノード] > [ホスト] > [コンピュート マネージャ] > [クラスタ マネージャの設定] の順に選択し、[NSX を自動的にインストール] を選択解除します。ノードを選択し、[NSX のアンインストール] をクリックします。

      [NSX コンポーネントのアンインストール] が選択されていることを確認します。これによって NSX-T Data Center モジュールがホストからアンインストールされます。

    • DELETE /api/v1/fabric/nodes/<node-id> API を使用します。

      注:

      この API では、nsx-lcp バンドルから依存関係にあるパッケージは削除されません。

      RHEL 7.4 と依存関係にあるパッケージ、json_spirit、python-greenlet、libev、protobuf、leveldb、python-gevent、python-simplejson、glog を削除します。

      Ubuntu 16.04.x と依存関係にあるパッケージ、nicira-ovs-hypervisor-node、openvswitch-switch、openvswitch-datapath-dkms、openvswitch-pki、python-openvswitch、openvswitch-common、libjson-spirit を削除します。

    • vSphere の CLI を使用します。

      1. 管理用のサムプリントを取得します。

        manager> get certificate api thumbprint
      2. ホストの NSX-T Data Center CLI で次のコマンドを実行し、管理プレーンからホストを接続解除します。

        host> detach management-plane <MANAGER> username <ADMIN-USER> password <ADMIN-PASSWORD> thumbprint <MANAGER-THUMBPRINT>
      3. ホストで次のコマンドを実行し、フィルタを削除します。

        [root@host:~] vsipioctl clearallfilters
      4. ホストで次のコマンドを実行し、netcpa を停止します。

        [root@host:~] /etc/init.d/netcpad stop
      5. ホスト上の仮想マシンをパワーオフするか、別のホストに移行します。

      6. ホストで次のコマンドを実行して、NSX-T Data Center の設定とモジュールを手動でアンインストールします。このコマンドは、すべてのホスト タイプでサポートされます。

        [root@host:~] clear management-plane

次のタスク

この変更を行うと、ホストが管理プレーンから削除され、NSX-T Data Center オーバーレイに含まれなくなります。

NSX-T Data Center を完全に削除する場合、仮想マシン管理ツールで NSX ManagerNSX Controller、および NSX Edge をシャットダウンしてディスクから削除します。