トランスポート ノードを作成するときに、物理 NIC およびカーネル インターフェイスの vSphere 標準スイッチ (VSS) または VDS から NSX-T Data Center 分散仮想スイッチ (N-VDS) への移行が必要になる場合があります。移行後、N-VDS は VLAN ネットワーク上のトラフィックを処理します。

物理 NIC とその VMkernel インターフェイスは、最初は vSphere ESXi ホストの VSS または VDS に接続します。これらのカーネル インターフェイスは、これらのホストで定義され、管理インターフェイス、ストレージ、その他のインターフェイスへの接続を提供します。移行後は、VMkernel インターフェイスと関連付けられた物理 NIC が N-VDS に接続され、VLAN トランスポート ゾーンとオーバーレイ トランスポート ゾーンのトラフィックを処理します。

次の図では、ホストの物理 NIC が 2 つのみの場合、冗長性を確保するために両方の NIC を N-VDS に割り当てることができます。

図 1. N-VDS へのネットワーク インターフェイスの移行前と移行後

移行前は、vSphere ESXi ホストに 2 つの物理ポート(vmnic0 と vmnic1)から派生した 2 つのアップリンクがあります。このとき、vmnic0 はアクティブな状態に設定され、VSS または VDS に接続されますが、vmnic1 は使用されません。さらに、vmk0、vmk1、vmk2 という 3 つの VMkernel インターフェイスがあります。

NSX-T Data Center Manager UI または NSX-T Data Center API を使用して、VMkernel インターフェイスを移行します。NSX-T Data Center API ガイド を参照してください。

移行後には、vmnic0、vmnic1、およびそれらの VMkernel インターフェイスが N-VDS スイッチに移行されます。vmnic0 と vmnic1 の両方が、VLAN およびオーバーレイ トランスポート ゾーンを介して接続されます。