NSX Controller のインストールを自動的に行う場合は、コマンドライン ユーティリティの VMware OVF Tool を使用します。

デフォルトでは、nsx_isSSHEnabled と nsx_allowSSHRootLogin はいずれもセキュリティ上の理由より無効になっています。無効になっている場合、NSX Controller のコマンドラインへの SSH 接続やログインはできません。nsx_isSSHEnabled を有効にして、nsx_allowSSHRootLogin を有効にしなかった場合、NSX Controller に SSH で接続することはできますが、root でログインすることはできません。

前提条件

  • システム要件を満たしていることを確認します。システム要件を参照してください。

  • 必要なポートが開いていることを確認します。「ポートとプロトコル」を参照してください。

  • まだ作成していない場合は、宛先の仮想マシン ポート グループ ネットワークを作成します。管理仮想マシン ネットワークに NSX-T Data Center アプライアンスを配置することをお勧めします。

    複数の管理ネットワークが存在する場合は、NSX-T Data Center アプライアンスから他のネットワークへのスタティック ルートを追加できます。

  • IPv4 IP アドレス スキームを使用します。NSX-T Data Center のこのリリースでは、IPv6 はサポートされていません。

  • OVF Tool バージョン 4.0 以降。

手順

  • スタンドアロン ホストの場合、適切なパラメータを指定して ovftool コマンドを実行します。
    C:\Users\Administrator\Downloads>ovftool 
    --name=nsx-controller 
    --X:injectOvfEnv 
    --X:logFile=ovftool.log 
    --allowExtraConfig 
    --datastore=ds1 
    --network="management" 
    --noSSLVerify 
    --diskMode=thin 
    --powerOn 
    --prop:nsx_ip_0=192.168.110.210 
    --prop:nsx_netmask_0=255.255.255.0 
    --prop:nsx_gateway_0=192.168.110.1 
    --prop:nsx_dns1_0=192.168.110.10 
    --prop:nsx_domain_0=corp.local 
    --prop:nsx_ntp_0=192.168.110.10 
    --prop:nsx_isSSHEnabled=<True|False> 
    --prop:nsx_allowSSHRootLogin=<True|False> 
    --prop:nsx_passwd_0=<password> 
    --prop:nsx_cli_passwd_0=<password>
    --prop:nsx_cli_audit_passwd_0=<password> 
    --prop:nsx_hostname=nsx-controller 
    <path/url to nsx component ova> 
    vi://root:<password>@192.168.110.51
    
  • vCenter Server で管理されているホストの場合、適切なパラメータを指定して ovftool コマンドを実行します。
    C:\Users\Administrator\Downloads>ovftool 
    --name=nsx-controller 
    --X:injectOvfEnv 
    --X:logFile=ovftool.log 
    --allowExtraConfig 
    --datastore=ds1 
    --network="management" 
    --noSSLVerify 
    --diskMode=thin 
    --powerOn 
    --prop:nsx_ip_0=192.168.110.210 
    --prop:nsx_netmask_0=255.255.255.0 
    --prop:nsx_gateway_0=192.168.110.1 
    --prop:nsx_dns1_0=192.168.110.10 
    --prop:nsx_domain_0=corp.local 
    --prop:nsx_ntp_0=192.168.110.10 
    --prop:nsx_isSSHEnabled=<True|False> 
    --prop:nsx_allowSSHRootLogin=<True|False> 
    --prop:nsx_passwd_0=<password> 
    --prop:nsx_cli_passwd_0=<password> 
    --prop:nsx_cli_audit_passwd_0=<password>
    --prop:nsx_hostname=nsx-controller 
    <path/url to nsx component ova> 
    vi://administrator@vsphere.local:<vcenter_password>@192.168.110.24/?ip=192.168.110.51
    
  • (オプション) 最適なパフォーマンスを実現するように、NSX-T Data Center コンポーネント用のメモリを予約します。

    メモリ予約は、ホストが仮想マシン用に予約する物理メモリ容量の確実な下限であり、メモリがオーバーコミットされる場合でも、この容量が確保されます。NSX-T Data Center コンポーネントが効率的に動作するのに十分なメモリが確保されるように、予約のレベルを設定します。「システム要件」を参照してください。

  • NSX-T Data Center コンポーネントのコンソールを開いて、ブート プロセスを追跡します。
  • NSX-T Data Center コンポーネントが起動した後、admin として CLI にログインし、get interface eth0 コマンドを実行して、IP アドレスが想定どおりに適用されていることを確認します。
    nsx-component> get interface eth0
    Interface: eth0
      Address: 192.168.110.25/24
      MAC address: 00:50:56:86:7b:1b
      MTU: 1500
      Default gateway: 192.168.110.1
      Broadcast address: 192.168.110.255
      ...
    
  • NSX-T Data Center コンポーネントに必要な接続があることを確認します。

    次のタスクを実行できることを確認します。

    • 別のマシンから NSX-T Data Center コンポーネントに ping を実行します。

    • NSX-T Data Center コンポーネントは、デフォルト ゲートウェイに ping を実行できます。

    • NSX-T Data Center コンポーネントは、管理インターフェイスを使用して、NSX-T Data Center コンポーネントと同じネットワーク上のハイパーバイザー ホストに ping を実行できます。

    • NSX-T Data Center コンポーネントは、DNS サーバと NTP サーバに ping を実行できます。

    • SSH を有効にした場合は、SSH を使用して NSX-T Data Center コンポーネントに接続できることを確認します。

    接続が確立されていない場合は、仮想アプライアンスのネットワーク アダプタが適切なネットワークまたは VLAN に配置されていることを確認します。

次のタスク

NSX Controller を管理プレーンに追加します。「NSX Manager への NSX Controller の追加」を参照してください。