トランスポート ノードは、NSX-T Data Center オーバーレイまたは NSX-T Data Center VLAN ネットワークに参加するノードです。

KVM ホストの場合は、N-VDS を事前に設定できます。また、NSX Manager で設定を実行することも可能です。ESXi ホストの場合は、常に NSX Manager で N-VDS が設定されます。

注:

テンプレート仮想マシンを使用してトランスポート ノードを作成する場合は、ホストの /etc/vmware/nsx/ に証明書がないことを確認してください。証明書がすでに存在する場合、netcpa エージェントは証明書を作成しません。

ベア メタル サーバは、オーバーレイおよび VLAN トランスポート ゾーンをサポートします。管理インターフェイスを使用して、ベア メタル サーバを管理することができます。アプリケーション インターフェイスを使用すると、ベア メタル サーバ上のアプリケーションにアクセスできます。

単一の物理 NIC は、管理 IP インターフェイスとアプリケーション IP インターフェイスの両方に使用される IP アドレスを 1 つ提供します。

デュアル構成物理 NIC は、管理インターフェイス用の物理 NIC および一意の IP アドレスを 1 つずつ提供します。アプリケーション インターフェイス用の物理 NIC および一意の IP アドレスも提供します。

結合構成内の複数の物理 NIC は、管理インターフェイス用のデュアル構成物理 NIC と一意の IP アドレスを提供します。アプリケーション インターフェイス用のデュアル構成物理 NIC および一意の IP アドレスも 1 つずつ提供します。

前提条件

  • ホストが管理プレーンに追加され、[ファブリック] > [ホスト] ページで MPA 接続が確立されている必要があります。

  • トランスポート ゾーンが設定されている必要があります。

  • アップリンク プロファイルが設定されている必要があります。設定されていない場合は、デフォルトのアップリンク プロファイルを使用できます。

  • IP アドレス プールが設定されているか、ネットワーク環境 DHCP が使用できる必要があります。

  • ホスト上で 1 個以上の未使用の物理 NIC が必要です。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ファブリック] > [ノード] > [トランスポート ノード] > [追加] の順に選択します。
  3. トランスポート ノードの名前を入力します。
  4. ドロップダウン メニューからノードを選択します。
  5. 必須: このトランスポート ノードが属するトランスポート ゾーンを選択します。
  6. [N-VDS] タブをクリックします。
  7. 必須: KVM ノードの場合は、N-VDS タイプを選択します。

    オプション

    説明

    標準

    NSX Manager は N-VDS を作成します。

    このオプションはデフォルトで選択されています。

    事前設定済み

    N-VDS はすでに設定されています。

    非 KVM ノードの場合、N-VDS タイプは常に [標準] または [拡張データパス] です。

  8. 標準の N-VDS の場合は、次の詳細を提供します。

    オプション

    説明

    N-VDS 名

    このノードが属するトランスポート ゾーンの N-VDS 名と同じにする必要があります。

    NIOC プロファイル

    ドロップダウン メニューから NIOC プロファイルを選択します。

    アップリンク プロファイル

    ドロップダウン メニューからアップリンク プロファイルを選択します。

    IP アドレスの割り当て

    [DHCP を使用][IP アドレス プールを使用] または [固定 IP リストを使用] を選択します。

    [固定 IP アドレスのリストを使用] を選択した場合は、IP アドレス、ゲートウェイ、およびサブネット マスクのコンマ区切りのリストを指定する必要があります。

    IP アドレス プール

    IP 割り当てに [IP アドレス プールを使用] を選択した場合は、IP アドレス プール名を指定します。

    物理 NIC

    物理 NIC が使用されていないことを確認します。標準の vSwitch または vSphere Distributed Switch などが使用していることがあります。すでに使用されている場合、トランスポート ノードは [部分的成功] 状態になり、ファブリック ノードの LCP 接続の確立に失敗します。

    ベアメタル サーバの場合は、uplink-1 ポートとして設定可能な物理 NIC を選択します。uplink-1 ポートは、アップリンク プロファイルで定義されています。

    ベアメタル サーバにネットワーク アダプタが 1 つしかない場合は、その物理 NIC を選択して、uplink-1 ポートが管理インターフェイスとアプリケーション インターフェイスの両方に割り当てられるようにします。

  9. 拡張データパス N-VDS の場合は、次の詳細を指定します。

    オプション

    説明

    N-VDS 名

    このノードが属するトランスポート ゾーンの N-VDS 名と同じにする必要があります。

    IP アドレスの割り当て

    [DHCP を使用][IP アドレス プールを使用] または [固定 IP リストを使用] を選択します。

    [固定 IP アドレスのリストを使用] を選択した場合は、IP アドレス、ゲートウェイ、およびサブネット マスクのコンマ区切りのリストを指定する必要があります。

    IP アドレス プール

    IP アドレスの割り当てに [IP アドレス プールを使用] を選択した場合は、IP アドレス プール名を指定します。

    物理 NIC

    拡張データパス対応の物理 NIC を選択します。物理 NIC が使用されていないことを確認します。標準の vSwitch または vSphere Distributed Switch などが使用していることがあります。すでに使用されている場合、トランスポート ノードは [部分的成功] 状態になり、ファブリック ノードの LCP 接続の確立に失敗します。

    アップリンク

    ドロップダウン メニューからアップリンク プロファイルを選択します。

    CPU の設定

    [NUMA ノード インデックス] ドロップダウン メニューで、N-VDS スイッチに割り当てる NUMA ノードを選択します。ノード上にある最初の NUMA ノードは、値 0 で表されます。

    esxcli hardware memory get コマンドを実行して、ホスト上の NUMA ノード数を確認できます。

    注:

    N-VDS スイッチとアフィニティがある NUMA ノードの数を変更する場合は、NUMA ノード インデックス値を更新することができます。

     

    [NUMA ノードあたりの Lcore 数] ドロップダウン メニューで、拡張データパスで使用する必要がある論理コアの数を選択します。

    esxcli network ens maxLcores get コマンドを実行して、NUMA ノード上に作成できる論理コアの最大数を確認できます。

    注:

    使用可能な NUMA ノードと論理コアがすべて使用されている場合、トランスポート ノードに追加した新しいスイッチは ENS トラフィック用に有効にすることができません。

  10. 事前設定済みの N-VDS の場合は、次の詳細を提供します。

    オプション

    説明

    N-VDS の外部 ID

    このノードが属するトランスポート ゾーンの N-VDS 名と同じにする必要があります。

    VTEP

    仮想トンネル エンドポイントの名前。

    トランスポート ノードとしてホストを追加すると、NSX Controller とホストの接続がアップ状態に変わります。

  11. [トランスポート ノード] ページで接続ステータスを表示します。
  12. または、CLI コマンドを使用して、接続ステータスを表示します。
    • ESXi の場合には、esxcli network ip connection list | grep 1234 コマンドを実行します。

      # esxcli network ip connection list | grep 1234
      tcp   0   0  192.168.210.53:20514  192.168.110.34:1234   [ESTABLISHED]  1000144459  newreno  netcpa
       
      
    • KVM の場合には、netstat -anp --tcp | grep 1234 コマンドを入力します。

      user@host:~$ netstat -anp --tcp | grep 1234
      tcp  0   0 192.168.210.54:57794  192.168.110.34:1234   [ESTABLISHED] -
      
      
  13. (オプション) GET https://<nsx-mgr>/api/v1/transport-nodes/<node-id> API 呼び出しを使用して、トランスポート ノードを確認します。
    {
      "resource_type": "TransportNode",
      "description": "",
      "id": "95c8ce77-f895-43de-adc4-03a3ae2565e2",
      "display_name": "node-comp-01b",
      "tags": [],
      "transport_zone_endpoints": [
        {
          "transport_zone_id": "efd7f38f-c5da-437d-af03-ac598f82a9ec",
          "transport_zone_profile_ids": [
            {
              "profile_id": "52035bb3-ab02-4a08-9884-18631312e50a",
              "resource_type": "BfdHealthMonitoringProfile"
            }
          ]
        }
      ],
      "host_switches": [
        {
          "host_switch_profile_ids": [
            {
              "value": "8abdb6c0-db83-4e69-8b99-6cd85bfcc61d",
              "key": "UplinkHostSwitchProfile"
            },
            {
              "value": "9e0b4d2d-d155-4b4b-8947-fbfe5b79f7cb",
              "key": "LldpHostSwitchProfile"
            }
          ],
          "host_switch_name": "overlay-hostswitch",
          "pnics": [
            {
              "device_name": "vmnic1",
              "uplink_name": "uplink-1"
            }
          ],
          "static_ip_pool_id": "c78ac522-2a50-43fe-816a-c459a210127e"
        }
      ],
      "node_id": "c551290a-f682-11e5-ae84-9f8726e1de65",
      "_create_time": 1460051753373,
      "_last_modified_user": "admin",
      "_system_owned": false,
      "_last_modified_time": 1460051753373,
      "_create_user": "admin",
      "_revision": 0
    }
    
  14. 新しく作成したトランスポート ノードをトランスポート ゾーンに追加します。
    1. トランスポート ノードを選択します。
    2. [アクション] > [トランスポート ゾーンに追加] の順に選択します。
    3. ドロップダウン メニューからトランスポート ゾーンを選択します。

      他のフィールドの値はすべて設定されています。

タスクの結果

注:

標準 N-VDS の場合、トランスポート ノードの作成後に、トンネル エンドポイントへの IP アドレスの割り当てなどの設定を変更するには、ホストの CLI ではなく NSX Manager の GUI から行う必要があります。

次のタスク

ネットワーク インターフェイスを vSphere 標準スイッチから NSX-T 仮想分散スイッチに移行します。「VMkernel の N-VDS スイッチへの移行」を参照してください。