トランスポート ノードとして、または NSX ManagerNSX Controller ゲスト仮想マシンのホストとして KVM を使用する予定で、KVM のセットアップが完了していない場合、次の手順を実行します。

注:

Geneve カプセル化プロトコルは UDP ポート 6081 を使用します。KVM ホストのファイアウォールで、このポートへのアクセスを許可する必要があります。

手順

  1. (Red Hat のみ)/etc/yum.conf ファイルを開きます。
  2. exclude 」行を検索します。
  3. "kernel* redhat-release*" 」行を追加し、サポートされていない RHEL のアップグレードが回避されるように yum を設定します。

    exclude=[existing list] kernel* redhat-release*

    特定の互換性要件を持つ NSX-T コンテナ プラグインを実行することがある場合は、コンテナ関連のモジュールも除外します。

    exclude=[existing list] kernel* redhat-release* kubelet-* kubeadm-* kubectl-* docker-*

    サポートされている RHEL のバージョンは 7.4 です。

  4. KVM とブリッジ ユーティリティをインストールします。

    Linux ディストリビューション

    コマンド

    Ubuntu

    apt-get install -y qemu-kvm libvirt-bin ubuntu-vm-builder bridge-utils virtinst virt-manager virt-viewer libguestfs-tools

    RHEL

    yum groupinstall "Virtualization Hypervisor"
    yum groupinstall "Virtualization Client"
    yum groupinstall "Virtualization Platform"
    yum groupinstall "Virtualization Tools"
  5. ハードウェアが仮想化に対応しているか確認します。
    cat /proc/cpuinfo | egrep "vmx|svm"

    コマンド出力に「vmx」が含まれることを確認します。

  6. KVM モジュールがインストールされていることを確認します。

    Linux ディストリビューション

    コマンド

    Ubuntu

    kvm-ok
    
    INFO: /dev/kvm exists
    KVM acceleration can be used

    RHEL

    lsmod | grep kvm
    
    kvm_intel              53484  6
    kvm                   316506  1 kvm_intel
  7. KVM を NSX Manager または NSX Controller のホストとして使用する場合は、ブリッジ ネットワーク、管理インターフェイス、および NIC インターフェイスを準備します。

    次の例では、1 つめのイーサネット インターフェイス(eth0 または ens32)が Linux マシン自体への接続に使用されます。このインターフェイスでは、導入環境に応じて DHCP または固定 IP アドレス設定を使用します。NSX-T ホストにアップリンク インターフェイスを割り当てる前に、これらのアップリンクによって使用されるインターフェイス スクリプトを必ず設定しておきます。システムにスクリプトのインターフェイス ファイルがない場合は、ホスト トランスポート ノードを作成できません。

    注:

    インターフェイス名は環境によって異なる場合があります。

    Linux ディストリビューション

    ネットワーク設定

    Ubuntu

    /etc/network/interfaces を次のように編集します。

    auto lo
    iface lo inet loopback
    
    auto eth0
    iface eth0 inet manual
    
    auto br0
    iface br0 inet static
        address 192.168.110.51
        netmask 255.255.255.0
        network 192.168.110.0
        broadcast 192.168.110.255
        gateway 192.168.110.1
        dns-nameservers 192.168.3.45
        dns-search example.com
        bridge_ports eth0
        bridge_stp off
        bridge_fd 0
        bridge_maxwait 0
    
    

    ブリッジにネットワークを定義する xml ファイルを作成します。たとえば、次の行で /tmp/bridge.xml を作成します。

    <network>
      <name>bridge</name>
      <forward mode='bridge'/>
      <bridge name='br0'/>
    </network>
    
    

    次のコマンドでブリッジ ネットワークを定義し、開始します。

    virsh net-define 
    bridge.xml
    virsh net-start bridge
    virsh net-autostart bridge
    
    

    次のコマンドでブリッジ ネットワークのステータスを確認できます。

    virsh net-list --all
    
    Name                 State      Autostart     Persistent
    ----------------------------------------------------------
    bridge               active     yes           yes
    default              active     yes           yes

    RHEL

    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-management_interface を次のように編集します。

      DEVICE="ens32"
      TYPE="Ethernet"
      NAME="ens32"
      UUID="<UUID>"
      BOOTPROTO="none"
      HWADDR="<HWADDR>"
      ONBOOT="yes"
      NM_CONTROLLED="no"
      BRIDGE="br0"
    
    

    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1 を次のように編集します。

      DEVICE="eth1"
      TYPE="Ethernet"
      NAME="eth1"
      UUID="<UUID>"
      BOOTPROTO="none"
      HWADDR="<HWADDR>"
      ONBOOT="yes"
      NM_CONTROLLED="no"
    

    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth2 を次のように編集します。

      DEVICE="eth2"
      TYPE="Ethernet"
      NAME="eth2"
      UUID="<UUID>"
      BOOTPROTO="none"
      HWADDR="<HWADDR>"
      ONBOOT="yes"
      NM_CONTROLLED="no"
    

    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0 を次のように編集します。

       DEVICE="br0"
       BOOTPROTO="dhcp"
       NM_CONTROLLED="no"
       ONBOOT="yes"
       TYPE="Bridge"
  8. KVM をトランスポート ノードとして使用する場合、ネットワーク ブリッジを準備します。

    次の例では、1 つめのイーサネット インターフェイス(eth0 または ens32)が Linux マシン自体への接続に使用されます。このインターフェイスでは、導入環境に応じて DHCP または固定 IP アドレス設定を使用します。

    注:

    インターフェイス名は環境によって異なる場合があります。

    Linux ディストリビューション

    ネットワーク設定

    Ubuntu

    /etc/network/interfaces を次のように編集します。

    auto lo
    iface lo inet loopback
    
    auto eth0
    iface eth0 inet manual
    
    auto eth1
    iface eth1 inet manual
    
    auto br0
    iface br0 inet dhcp
      bridge_ports eth0
    

    RHEL

    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens32 ファイルを次のように編集します。

    DEVICE="ens32"
      TYPE="Ethernet"
      NAME="ens32"
      UUID="<something>"
      BOOTPROTO="none"
      HWADDR="<something>"
      ONBOOT="yes"
      NM_CONTROLLED="no"
      BRIDGE="br0"
    
    

    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens33 ファイルを次のように編集します。

    DEVICE="ens33"
      TYPE="Ethernet"
      NAME="ens33"
      UUID="<something>"
      BOOTPROTO="none"
      HWADDR="<something>"
      ONBOOT="yes"
      NM_CONTROLLED="no"
    
    

    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0 を次のように編集します。

    DEVICE="br0"
       BOOTPROTO="dhcp"
       NM_CONTROLLED="no"
       ONBOOT="yes"
       TYPE="Bridge"
    重要:

    Ubuntu の場合、すべてのネットワーク設定を /etc/network/interfaces で指定する必要があります。/etc/network/ifcfg-eth1 など、ネットワーク設定ファイルは個別に作成しないでください。トランスポート ノードの作成に失敗する可能性があります。

    この手順の後、KVM ホストをトランスポート ノードとして設定すると、ブリッジ インターフェイス「nsx-vtep0.0」が作成されます。Ubuntu では、/etc/network/interfaces に次のようなエントリが記述されます。

    iface nsx-vtep0.0 inet static
    pre-up ip addr flush dev nsx-vtep0.0
    address <IP_pool_address>
    netmask <subnet_mask>
    mtu 1600
    down ifconfig nsx-vtep0.0 down
    up ifconfig nsx-vtep0.0 up

    RHEL では、ホスト NSX Agent (nsxa) によって「ifcfg-nsx-vtep0.0」という設定ファイルが作成され、次のようなエントリが記述されます。

    DEVICE=nsx-vtep0.0
    BOOTPROTO=static
    NETMASK=<IP address>
    IPADDR=<subnet mask>
    MTU=1600
    ONBOOT=yes
    USERCTL=no
    NM_CONTROLLED=no
    
  9. ネットワークの変更を有効にするには、ネットワーク サービス systemctl restart network を再起動するか、Linux サーバを再起動します。