vSphere Web Client を使用して NSX ManagerNSX Policy Manager、または Cloud Service Manager を仮想アプライアンスとして展開できます。

NSX Policy Manager は、ポリシーを管理できる仮想アプライアンスです。論理ポート、IP アドレス、仮想マシンなどの NSX-T Data Center コンポーネント向けのルールを指定するようにポリシーを設定できます。NSX Policy Manager ルールを使用すると、上位レベルの使用状況とリソース アクセスのルールを設定し、詳細な内容を指定せずに適用することができます。

Cloud Service Manager は、NSX-T Data Center コンポーネントを使用する仮想アプライアンスで、パブリック クラウドへのコンポーネントの組み込みを行います。

注:

vSphere Client ではなく、vSphere Web Client を使用することが推奨されます。環境内に vCenter Server がない場合は、ovftool を使用して NSX Manager を展開します。「コマンドライン OVF ツールを使用した ESXi への NSX Manager のインストール」を参照してください。

手順

  1. NSX-T Data Center 統合アプライアンスの OVA ファイルまたは OVF ファイルの場所を確認します。

    ダウンロード URL をコピーするか、OVA ファイルをコンピュータにダウンロードします。

  2. vSphere Web Client で [OVF テンプレートの展開] ウィザードを起動し、.ova ファイルを指定します。
  3. NSX Manager の名前を入力し、フォルダまたはデータセンターを選択します。

    ここに入力する名前がインベントリに表示されます。

    選択したフォルダを使用して、NSX Manager に権限が適用されます。

  4. NSX Manager の仮想アプライアンス ファイルを格納するデータストアを選択します。
  5. vCenter Server にインストールする場合は、NSX Manager アプライアンスを展開するホストまたはクラスタを選択します。
  6. NSX Manager のポート グループまたはインストール先ネットワークを選択します。
  7. NSX Manager のパスワードと IP アドレスを指定します。
  8. [nsx-manager] ロールをそのまま使用します。
    • ドロップダウン メニューから [nsx-policy-manager] ロールを選択して、NSX Policy Manager アプライアンスをインストールします。

    • ドロップダウン メニューから [nsx-cloud-service-manager] ロールを選択して、NSX Cloud アプライアンスをインストールします。

    注:

    [nsx-manager nsx-cloud-service-manager (multi-role)] ロールはサポートされていません。

  9. (オプション) 最適なパフォーマンスを実現するように、NSX-T Data Center コンポーネント用のメモリを予約します。

    メモリ予約は、ホストが仮想マシン用に予約する物理メモリ容量の確実な下限であり、メモリがオーバーコミットされる場合でも、この容量が確保されます。NSX-T Data Center コンポーネントが効率的に動作するのに十分なメモリが確保されるように、予約のレベルを設定します。「システム要件」を参照してください。

  10. NSX-T Data Center コンポーネントのコンソールを開いて、ブート プロセスを追跡します。
  11. NSX-T Data Center コンポーネントが起動した後、admin として CLI にログインし、get interface eth0 コマンドを実行して、IP アドレスが想定どおりに適用されていることを確認します。
    nsx-component> get interface eth0
    Interface: eth0
      Address: 192.168.110.25/24
      MAC address: 00:50:56:86:7b:1b
      MTU: 1500
      Default gateway: 192.168.110.1
      Broadcast address: 192.168.110.255
      ...
    
  12. NSX-T Data Center コンポーネントに必要な接続があることを確認します。

    次のタスクを実行できることを確認します。

    • 別のマシンから NSX-T Data Center コンポーネントに ping を実行します。

    • NSX-T Data Center コンポーネントは、デフォルト ゲートウェイに ping を実行できます。

    • NSX-T Data Center コンポーネントは、管理インターフェイスを使用して、NSX-T Data Center コンポーネントと同じネットワーク上のハイパーバイザー ホストに ping を実行できます。

    • NSX-T Data Center コンポーネントは、DNS サーバと NTP サーバに ping を実行できます。

    • SSH を有効にした場合は、SSH を使用して NSX-T Data Center コンポーネントに接続できることを確認します。

    接続が確立されていない場合は、仮想アプライアンスのネットワーク アダプタが適切なネットワークまたは VLAN に配置されていることを確認します。

次のタスク

サポート対象のブラウザを使用して、NSX Manager GUI に接続します。

URL は https://<IP address of NSX Manager> です。たとえば、https://10.16.176.10 などです。

注:

HTTPS を使用する必要があります。HTTP はサポートされていません。